3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

媚薬



寒い。今年は雪と冬が来るの早いのかな。



ニオイって大事よな
DSC_0042_po0.jpg


色んな意味で。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


カメラの顔検知機能

個人的に使ったことがない

顔のない所どころか全然関係ない場所とかにも反応するようだし使い難そうだ。

それにフォーカスポイントが無数に現れたら色んな意味で大変だ。
それどころかファインダー覗いてる間どんどん現れ続けても大変。
そして写した後、家帰ってPCで閲覧していっぱい顔的なものが写っていたらもっと大変だ。

昔、紙の写真の時代は何度か心霊写真的なものを撮ったことがある。
曰く付きの場所へ撮りに行ったこともある。

でも、今はデジタルの時代。
デジカメになってからは心霊写真的なものを撮ったことがないし撮れたことがない。
その代わりオーブといわれるものが鮮明に写るようになったし紙の写真時代に比べ多くなった

埃や蒸気の一種という説と心霊現象の一つの説がある

どちらにしても面白みが全くない。
たぶん性能の向上で写り難かったものが写りやすくなったんだと思う
オカルトマニアにはオーブはデジタルの恩恵か!?

オーブは別として、紙の写真の時代に顔検知機能が付いたカメラがあればちょっと面白そうだったかも。


写真に限らず動画も近年はみんな似たような作りばかりでウンザリ
偽物感が出すぎている
特に最近のは国内外問わず貞子系の演出ばかり

もう、飽き飽き。

そして多くは不自然なほどのフェイドアウト前後のタイミングでソレが現れる
でもって必ずみんな逃げちゃうかカメラ落とすかカメラを振り回す(笑)

本物とか偽物というより作り物ありきで、怖ければ良しみたいなのが残念。
「呪○のビデオ」なんかはもう、最後まで観るのが苦痛で無理になってしまった(笑)
最初の頃は今よりももっと不気味な映像が多かったと個人的には感じる

最近、心霊系で怖いって思ったことがない
実際に複数の現場にも何ヶ所か何度か足を運んだことあるけど
私の前には出てきてくれた事は何処の現場でも一度もなかったです。

もし本当にいるのなら、
誰か逃げずに逆に向かって行って捕まえるくらいのことをして欲しいな


「恐怖」を感じないと生きるには面白みがない
"怖い"って感覚があるから色々と楽しめて面白いんだと思う。

まあ、だからどうしたって話だけどね。


某オカルト好きさんへ
こんなもんで如何でしょう。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumberjack569.blog.fc2.com/tb.php/440-ee39cd49
該当の記事は見つかりませんでした。