3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

安くて良いものにこしたことはない



こんばんは
先日、安売りしていたパンティを5枚まとめ買いした者です



こっちのブログではハッチの記事を載せないことにしているのですが、
前に卵のことを記事にしたときがあったのでその卵のやつだけ此方にも載せておきます。


これ↓↓↓過去記事の2つ
GW中のメンテ
卵の災難


ひとつめの過去記事リンクにある最後の写真の卵ね。

採卵時に大きく凹んでいて両サイドがくっついちゃうくらいの凹みだったから諦めてたやつ。
でも何となく常温で放っといたら更にもっとベッコリ凹んだ…

無精卵かダメ卵だと思ってたからどうせなら試したいことやってみようかと。

卵が凹んだらどうする?
そういうときは水でしょ(笑)

ということで、容赦なく水をドボドボ入れて更に常温で放っといたら膨らんだ。
何気にライトで照らしたら赤い…

そんなこんなで孵卵庫へ
経緯はふたつめの過去記事リンクに書いてあるけど。


そして本日
DSC_0007_0a.jpg


DSC_0021_0c.jpg


DSC_0043_0f.jpg


形成不全もなく無事にハッチ

私の横で何やらピコピコ動いていて元気です


やっぱツギオは強いね
親個体の健康管理さえちゃんとしてればだけど
ちょっと雑に扱ってもそれなりの卵であれば大概は孵るし
下手な温度にさえ晒さなければオスもメスもベビーはそれなりに強い。
うちでは弱さを感じた事はない。

たまにいる産まないメス個体の手強さにはかなり痛感してるけど。



ちなみに孵卵床はハッチライトではありません
パーライトと赤ちゃん用品にも使える高吸水性ポリマーを使った自家製ハッチライトもどき。

そういえばハッチライトの国内販売が終わったよね?
結局どうでした?
バーミキュライトなどといった昔から使われてるものと孵化に違いを感じました?

私個人的にはぶっちゃけそれほど他のものとの違いを感じませんでしたし、
孵化率的なものもこれといって大した変わらなかったように思います。
スーパーハッチなども正直これといってさほど変わらんな…

ハッチライトは、ただ値段が高いだけだったような印象しか残ってません…
そういった面では最近の孵卵床材は洗って再利用できるのが良い。
某焼成物なんかもコスパ的に良い。

てか、そもそもハッチライトは水加減が気に食わなくて自分で加水して使ってましたから…



今現在、ベビーについての問い合わせは受けつけておりませんので御遠慮願います。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumberjack569.blog.fc2.com/tb.php/429-aaa3dd92
該当の記事は見つかりませんでした。