3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

ヒートショック



この前、ヒートショックで死ぬとこでした。

お前なんか死んだ方が良かった?
まあ、そう思う方もいるかもしれませんね(笑)
ある意味、自分も含めて(笑)

しかし、幸か不幸か死ぬまでには至りませんでした。

で、ですよ。

その日の朝、普通にお風呂に入ったわけなんですが。

風呂からあがってすぐに大至急な用事が出来て私は風呂上がりの体に急いでDickesのつなぎを着て急いで外に出ました。
とにかくその用件は時間との勝負もあり急ぎだったんです。

そしてスコップとツルハシを担いで現場でガシガシやってたら突然、
胸が締め付けられるように痛くなり次第に呼吸も苦しくなり頭もガンガン痛くなりました。

暫くは我慢してガシガシ続けていたのですが…

自分の意思とは裏腹に膝がガクッと…

「あれ?どうしたんだろ?」そう思って一旦、手を止めてました。

それでも急を急ぐ事態だったので気合で何とか立ち上がりガシガシやってました。

あ、「ガシガシ」とは屋根から落ちた、
雪が解けて再度固まった氷状の大きな塊を砕いて除ける作業です。

話を戻しますが、
・・・
ですが全然、体の異変がおさまる感じはなく寧ろ酷くなってきて、終いには目の前が白く霞んできました。

「あー、倒れる~」と思い急いで小屋の室内に駆けたのですが…

「これ、もしかしてヒートショックじゃね?」と思って、
急いで着ていたつなぎを脱ぎ、体内の温度と外気温や室温に慣らし…

何とか一命をとり止めました(笑)

その後、現場はまだ作業が終わってなかったので、
つなぎのチャックを開けたまま上部分は着ず袖を腰で巻いて気合で作業再開。
胸と頭は凄く痛かったけど…

気合で何とか頑張ったおかげで無事に作業も完了。
良かった。

まあ、ここまではいいのですが、
あれから10日ほど経った今、私の体にそれまでにはなかった大きな変異があります。

それは

眠れない。とにかく眠れない。
元々、睡眠障害を持ってはいるのですが、それとは全然違います。
夜中に後頭部から首~背中の真ん中辺りまで痛むのです。
左側だけね。

それよりも何よりも、もっと大きな変異があります。

それはあれ以来、いとも簡単に息が上がってしまうのです。
自分でも驚くほどすぐに息が上がるんです。
同時に胸と頭も痛くなるんです。

たぶんこれ、体内の何かが壊れたんだと思います。

みなさん。
特に寒い地域にお住いの方はヒートショックにはお気を付けください。
冬は過ぎかけてはいますが、まだもう少し気温差がある寒い日がありますので。





さて、ツギオミカドヤモリですが。

先日の喧嘩始めたペア(前回記事)は結局一度バラしました。
あの日も夜通し喧嘩してました。
とにかくドタバタと声がうるさい!

今はセパレート越しにお見合い中ですが最初こそバンバンやってましたが昨夜辺りからは静かです。
無事、ペア復活なるかな?

これは違うペア
DSC_0014_20170307152702a66.jpg


ツギオもペアにするとそこに性格(?)が出て面白いですよ。
ペアそれぞれのカタチがある。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumberjack569.blog.fc2.com/tb.php/394-ba3e7871
該当の記事は見つかりませんでした。