3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

大親分の災難?



本の表紙を飾った大親分
DSC_0079_00.jpg


昨日は機嫌が悪く私が近づくだけで口を開けてガーガーでした
DSC_0098.jpg


今日はそんなことないみたいです
DSC_0107_00.jpg


最近は空気が乾燥してるせいなのか
気温か季節を感じてるのかわかりませんが黒くなることは殆どありません。


ちょっと写真を撮ろうと大親分のいるコルクに他の子を乗せたら…
DSC_0065_00.jpg


踏まれる始末
DSC_0066.jpg


手で踏まれ…
DSC_0067.jpg


足で踏まれ…
DSC_0068_00.jpg


大親分がシューシューいいだしたので喧嘩が始まるかと思ったのですが…
DSC_0069_00.jpg


喧嘩にはならず何故だか上になってるYateの方がカクカクして
クククッと鳴きながら大親分の玉袋あたりを鼻っ面でクンクンして噛みつきました(笑)
オス同士なのに!

さすがに大親分が怒り始めたので面倒なことになる前に離しましたけどね。


GTの後にhenkeliを手にとるとやけに可愛く感じる
DSC_0110.jpg


同じ種でも大型に完成する個体と小さく完成する個体とでは何とも表現しずらいけど…どちらもイイ!
DSC_0113.jpg


個々の素晴らしさの他にやはり基亜種・亜種でのそれぞれの良さがある。
それもまたツギオミカドヤモリの魅力だと思います。


ちなみに、私が今、一番欲しいのはNuu Ami
高低発色時の濃淡が際立ち斑紋がピンクで体表の大部分を占めて全体に大小無数の黄色いスポットがでたやつね。

…まあ、そんなの見たことないけどね。





クリスマスですね。

私は仏さまに手を合わせる人間でもあり
神様に自分の口から祝詞を奏上する人間でもあり
必要となれば教会へ誰かのために天使の力を借りに行く人間でもある。

自棄て自分が死ぬことにも感心のない男なのにねぇ…

所謂、変態…変人だ。

でもね、クリスマスが来るたびにこう思うよ。

全ての子供達が不幸に合わず
そして子供は子供らしく生き、
幸せを感じる事が出来たなら
もしかしたら多くの人達が人として心の在り方の何かが大きく変わるのかもしれない。

今日がそんな一日になればいいな…と思ってみる。

Merry Christmas



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumberjack569.blog.fc2.com/tb.php/383-45a5d67c
該当の記事は見つかりませんでした。