3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

綾のーと。



当ブログに訪問くださる中で一番多い検索キーワード

それは「綾のーと。」

決してツギオミカドヤモリ関連ではない(笑)



このブログに足を運んでくださる皆様の中にも、
御存知の方もおられるかもしれません「綾のーと。」

このブログでも4年前に取り上げました。
事故物件@「綾のーと。」

覚えてる方はいらっしゃいますでしょうか…


「綾のーと。」は数年前に某電子書籍に記載され、
ネットで「綾のーと。」を検索して当ブログに訪問される事が更に多くなったようです。


私も久しぶりに、秋の夜長に読書…とはいかずブログ「綾のーと。」に足を運び読みました。

やはり、何度読んでも、これが真実なのかフェイクなのかはわかりません。

ですが、不気味さはあります。
夜中に見ると不穏な空気感が漂い始めます。


ただひとつ、初めて拝見した2012年から気になる点があるんですよ。
それはですね。

私のとこでもマンションを運営してるのですが、
あくまでもその立場で意見を言わせて頂くとですね…

御入居された住人が部屋で何か不備を感じたとき。
不振や疑問を感じたとき。
普通ならその対象になる部分を御指摘されてきます。
それが当然の反応であり自然な行動だと思います。


「綾のーと。」の綾さんはブログ内でこう綴っておられます。
↓↓↓
――――――――――――
と思ったら隣がうるさい!
壁が薄いんだな。。。
2012-03-23(21:03)
――――――――――――
となりの騒音の件は思い切って管理人さんに電話してみんだけど、
2012-03-27(21:37)
――――――――――――
隣にはだれも住んでない。
2012-03-31(17:07)
――――――――――――


「隣」「となり」…と、どうも隣の部屋に不信感を抱いてるように感じます。

まあ、「大島てる」のサイトから結局はご自身の部屋が事故物件だったことに気付かれたようですが。
もしくは隣の部屋や建物本体自体が該当しているのかな…
その辺は明記されてないのでわかりませんが。


そこで私は思ったんですが、
「となりの騒音」「隣がうるさい」「壁が薄い」と言ってるってことは、
自分の部屋を中心に考えると言葉通り壁側にある隣の部屋から問題の音なり声が聞こえたように感じたわけですよね?


だとしたら、カメラを1台のみを設置するのなら、
普通は音なり声などの問題が聞こえるという「隣」にあたるその壁側にカメラを向けて設置するのが自然ではないでしょうか?

2012-05-27(17:02)のコメントでも「壁を叩く音とか録れてるとよかったのに。。。」と言ってるくらいですから。
ましてや気を病む程に苦しんでおられるくらい気になってるなら尚更です。


ですが、どうでしょう。
アップされた動画を見た感じだとカメラの向きは違う方を捉えているように見えます。
部屋の角に向けてカメラが設置されているように見えます。

何よりも、
左側にカーテン
右側にもカーテン

私にはそのように見えます。

一般的に考えると動画にある様な大きなカーテンは窓に対して設置されることが多いです。
そう考えると、窓側に隣室があるとは到底考え難いです。

不穏な状況から壁にもカーテンを設置した…と言うなら話は別ですが…


あくまでも私個人の感想ですけどね。

では。





◆追記◆
せっかくこの手の話をしたので序に此方の話も紹介します。

みさき

御存知の方もおられると思います。
秋の夜長、読書の秋。

お楽しみください。







Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumberjack569.blog.fc2.com/tb.php/369-8fc637a5
該当の記事は見つかりませんでした。