3L 研究所

ツギオミカドヤモリ専門の隠れ家的なブログです

ブラックボックス



ボックスの中にはメスも入っている
(見えてるのはオス)
0i.jpg


ペアはこうなるとほんと楽

この箱は産卵場所でもあるんだけど例え2匹で入っていてもメスが産むときはオスはちゃんと出てる。
それともメスが追い払ってるのかな?

四六時中、観察が出来るわけではないのでわかんないけどさ。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

行動予測



この後、跳ぶ
0d.jpg


この後、クソを出す
0h.jpg


この後、このまま…
0e.jpg



彼岸入りですね





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

スイッチオフ



今期、このオス使えねーなぁ。
0f.jpg


前々記事くらいにあげたペア
結局、オスの攻撃が再開し今期ペアを組むことが出来ませんでした

試しに幾つかの他のメスを入れてみたんだけど全然ダメ
話にならない

メスへの求愛どころか四肢を踏ん張って腹持ち上げての威嚇だもん

そもそも手あたり次第、何にでも噛み付いてくる。

発情に入ってない
というか、上手くスイッチを入れることが出来なかったようだ

多少は頑張ったようだけど恐らくはただの喧嘩の痕でしょうな
0g.jpg


こっちも胴体には結構齧られた痕はあるけど喧嘩で噛まれただけでしょう…
0a.jpg


次期、ペア復活なればいいのですが…
0b.jpg


今期のTrogerは諦めるか…



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

お歳暮関係



ニューカレドニアでゾンビに襲われた

01_20170310124202cba.jpg


せっかくのニューカレドニアなのにいつもそんなんばかり。

睡眠中の夢の話ね。

02.jpg


中からメスが覗いています。

03.jpg





東日本大震災から今日で6年ですね。

私はこの日のことを決して忘れません。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

ヒートショック



この前、ヒートショックで死ぬとこでした。

お前なんか死んだ方が良かった?
まあ、そう思う方もいるかもしれませんね(笑)
ある意味、自分も含めて(笑)

しかし、幸か不幸か死ぬまでには至りませんでした。

で、ですよ。

その日の朝、普通にお風呂に入ったわけなんですが。

風呂からあがってすぐに大至急な用事が出来て私は風呂上がりの体に急いでDickesのつなぎを着て急いで外に出ました。
とにかくその用件は時間との勝負もあり急ぎだったんです。

そしてスコップとツルハシを担いで現場でガシガシやってたら突然、
胸が締め付けられるように痛くなり次第に呼吸も苦しくなり頭もガンガン痛くなりました。

暫くは我慢してガシガシ続けていたのですが…

自分の意思とは裏腹に膝がガクッと…

「あれ?どうしたんだろ?」そう思って一旦、手を止めてました。

それでも急を急ぐ事態だったので気合で何とか立ち上がりガシガシやってました。

あ、「ガシガシ」とは屋根から落ちた、
雪が解けて再度固まった氷状の大きな塊を砕いて除ける作業です。

話を戻しますが、
・・・
ですが全然、体の異変がおさまる感じはなく寧ろ酷くなってきて、終いには目の前が白く霞んできました。

「あー、倒れる~」と思い急いで小屋の室内に駆けたのですが…

「これ、もしかしてヒートショックじゃね?」と思って、
急いで着ていたつなぎを脱ぎ、体内の温度と外気温や室温に慣らし…

何とか一命をとり止めました(笑)

その後、現場はまだ作業が終わってなかったので、
つなぎのチャックを開けたまま上部分は着ず袖を腰で巻いて気合で作業再開。
胸と頭は凄く痛かったけど…

気合で何とか頑張ったおかげで無事に作業も完了。
良かった。

まあ、ここまではいいのですが、
あれから10日ほど経った今、私の体にそれまでにはなかった大きな変異があります。

それは

眠れない。とにかく眠れない。
元々、睡眠障害を持ってはいるのですが、それとは全然違います。
夜中に後頭部から首~背中の真ん中辺りまで痛むのです。
左側だけね。

それよりも何よりも、もっと大きな変異があります。

それはあれ以来、いとも簡単に息が上がってしまうのです。
自分でも驚くほどすぐに息が上がるんです。
同時に胸と頭も痛くなるんです。

たぶんこれ、体内の何かが壊れたんだと思います。

みなさん。
特に寒い地域にお住いの方はヒートショックにはお気を付けください。
冬は過ぎかけてはいますが、まだもう少し気温差がある寒い日がありますので。





さて、ツギオミカドヤモリですが。

先日の喧嘩始めたペア(前回記事)は結局一度バラしました。
あの日も夜通し喧嘩してました。
とにかくドタバタと声がうるさい!

今はセパレート越しにお見合い中ですが最初こそバンバンやってましたが昨夜辺りからは静かです。
無事、ペア復活なるかな?

これは違うペア
DSC_0014_20170307152702a66.jpg


ツギオもペアにするとそこに性格(?)が出て面白いですよ。
ペアそれぞれのカタチがある。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

ジャイゲコの繁殖でよく見られる現象の一例



首がもげるだろーがっ!
2_2017030522012403a.jpg


これ
0.jpg


これね
6_20170305220129a99.jpg


甘噛みどころじゃない
4_20170305220126b8a.jpg


首がもげるだろ。
5_20170305220128f90.jpg


軽く出血もしたみたいだし。


このペアは3年くらい前から先月までこんなことなかったんだがな。
9_2017030522013485c.jpg


今年少し暖かくなってから急にこうなった…
その間にオスを他のメスにあてがったとか別にそうことはしていない。

健康管理も肥満させたり逆に失調とか、
そう言った、そもそもの繁殖以前の問題を発生させてるわけでも当然ない。

写真ではオスがメスに攻撃してるが、メスからの攻撃もある。
オスの喉元に噛みついて噛み付かれたオスが仰向けにぶら下がってたのをみた。

つい先月まではひとつのシェルターに2匹して丸くなったりしてたのに…
7_201703052201314a8.jpg


上の画像のアップ
8_20170305220132f4e.jpg


まあ、いっても、こうゆうことは想定内の現象なわけなんだが。

だけどやっぱり何だか悲しいというか…難しいというか…複雑。

ベビーからちゃんと一から育ててペアリングさせ産ましていくのは他のヤモリよりも難しい面がある。
と言っても、ヘラオなどの樹上性の極一部とレオパやササクレ、ヘルメットなどの極一部の地表性しか経験ないから偉そうなことは言えないけどね(笑)

でもこれだけはキッパリ言い切れる。
ツギオはアダルトでペアなったものを入手すればゼロから挑むより断然楽。
健康管理さえやれば後は産卵床入れとけばほぼ放置でも産んでくれることも少なくないからね。

まあそれだと専門や力入れてツギオをやるには大した経験にはならんけど。
その後ベビーからやれば恐らく一からの壁にあたるんじゃないかな?
特にGTは。


頼むよ~ほんとに…
3_20170305220125249.jpg


胃が痛くなる


このペアはまだバラしてない。
まだもう数日様子を見る。
落ち着くことも重々あるからね。

落ち着けばいいんだがダメなら渋々だが一旦離すしかない。

その「ダメ」と判断をくだすタイミングの見定めが難しい。
判断が遅ければ、どちらかが大怪我をしたり最悪は死ぬ。
早過ぎれば…まあ、言わなくてもわかるでしょう。
そう、意味がない。

でも今はまだ離す判断をくだすには早い。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。