3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

Yo no quiero morir.



今年もまたお尻が痒くなった。
病院は内科以外も意外に混んでる。
今日の10時が予約でした。

…とは言っても、痒いお尻の予約じゃないですよ。
まあ、お尻の痒み止めの薬もついでに貰ってきたけどね。

腎臓の定期精密検査の方です。
これ時間が掛かるんですよねぇ…

意味あるのかね…。



さて、本題ですが。
本について。

(この画像は記事内容とは一切関係ありません)
DSCN7234.jpg


カレンダーの失敗から教訓を生かし、
プレ印刷版を数人にみてもらって色々と意見を頂きました。
まあ、数人と言っても4人(+1人)ですけど。

例えば、高い発色を示したとき黒くなるPoindimieとType Aの個体があったとします。

ジャイゲコは好きだけどあまり詳しくはない人から見ると、どちらもただの黒いだけのものにみえる。
胴体が長いか短いかの違いや多少の違いだけで産地やTypeといった見方や個性があまりよくわからない。

など…

そこは低発色時の物や発色途中的なものから、
成長段階で1年以内の個体やら、若い個体での発色具合とかバラバラにしてみたり。

カレンダーからの失敗も明るさが足りなくて編集で明度を上げたりしたら本来の目視で見える状態から離れてしまったり。
それをほぼほぼ無調整で、それでも目視で見るのと近い状態で見れるように撮ったり。

個人的な意見ですがあまりにもバックが明るいとツギオが持つオーラというか…雰囲気が崩れてしまうと思うので…
雰囲気もツギオの魅力だと思ってますので。

結局は手探りですけどね。

どんだけ頑張っても遺作駄作なのは百も承知

宜しくお願い致します。





あ、タイトルは本心じゃありませんよ。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

冬だな



空気の乾燥が酷く鼻と喉がやられた。
屋内外問わず毎日マスクの着用厳守でしてたんだが…
風邪をひいたのか先々週の週末くらいから体調が絶不調だ。

昨夜は深夜に強烈な腹痛で目が覚めてトイレへ2回…下痢をした。
腹の絞り込むような痛さに吐き気までしたわ。

おかげで先週末の誕生日も不調のままだった。

風邪だけでなくインフルもボチボチ出始めてるようなのでみなさんお気を付けください。
これからはノロも多くなる時期です。


DSC_0141_20161116224430ecb.jpg


こいつらは元気だけどな。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

不思議な体験



こりゃ大変なことが起こったぞ。

先日、牛乳を買いに近くのコンビニへ車で行ったときのこと。

あ、近くでも夜だしちょっと寒いから車で行きます…雪降ってるし…
近くなら歩けよっ!って感じですけどね。

まあそんなことはどうでもいい。

それよりもその帰りのこと。

コンビニの駐車場からバックで出ることになるのですが、

あ、画像検索で「バック」でググッてみ。
セクシーな画像がいっぱい出てきますよ!

まあ、これもどうでもいいんだけどね。

でも気になった方は検索してみ、「バック」で。
色んな意味で色んなとこが少しは元気になるかもしれんから。

で、本題なんだが。

バックで出るんだから当然、後ろを気をつけますよね。
目視で後ろを確認してミラーでも確認しながらハンドルきって車を動かすわけですが…

その時にですね、後ろ向いて目視で確認したときに黒いスエットを着た女性がいたんですよ。
でも、その女性は車から少し離れた歩道上に立ち止まっていました。

私は車出るまで待っていてくれてるのかなぁ?なんて思ってたんですがね…

いざ、ハンドルきって車道に出ようとバックミラーとサイドミラーを見ながら車を動かしたのですが…
そのときは確かにちゃんとミラーに女性は映ってました。
目視で見た時と同じ場所に同じ恰好で立ち止まってる姿。

そして車道に出て走行し始めたとき、バックミラーを見るとその女性を確認できないないんです。
サイドミラーを見ても助手席側の窓を見ても。

私は「あれ?」って思いまして、何となく嫌な感じがしたのですぐに車を止めて確認したんですよ。
ですが、勿論、接触なんてしているはずもなく。

「さっきの女性は何処へ行ったんだ?消えた?」と思いながらも家路についたわけですよ。

そのまま車を走らせること数十秒。
途中、四方信号機付きの交差点も通過。
距離にして、さっきのコンビニから百数十メートル。

なんと!

さっきの女性が私の車の前方の歩道を歩いているんですよ!

歩くのめっちゃ早くね?
仮に走ったにしても超早過ぎる。
ボルト並みの速さで疾走したとでもいうなら不可能ではないが…

歩道とはいえ車を抜かしていったならわかるはずだ。

てか、そもそもそんな距離じゃない。

同じ服を着て同じ髪型をした人が、
たまたま同じ時刻に同じ歩道を歩いていた?

それとも実は双子で、その片方が、もう片方より先に前を歩いていた?

その日は不思議に思いながらも一晩寝たらそれほど気にもならなくなっていたんだが…

話はこれで終わりじゃない。

数日後

前回と同時刻頃

私は牛乳を買いに再びそのコンビニへ。
ええ、寒いから車で(笑)
偶然にも前回と同じ場所に駐車。

この日は、牛乳とチョコパンとアポロチョコとガムを買って車へ。
チョコ食い過ぎだな…
最近、無性にチョコが欲しくなるんですよねぇ…

まあ、チョコの話はいい。

で、さて帰ろうかとエンジンをかけ確認のため後ろを向くと…またいる!
例の同じ服を着た人がまたいる!
そして同じ場所にまた立ち止まってる!

車出るまで待っていてくれてるんだなぁと自分に言い聞かせ前回と同じように車を動かす。

駐車場から出て、すかさずミラーで確認

いない…

もうはやいない…

てことは、そこの交差点を通過して少し行ったところで前みたく歩いてるかもしれない。

そう思って車を走らせていると…

あれ?

いない…

今回はいないぞ…

追い越したかな?
まあ、いないんならいいや。

…と思ってたら、その女性を気にするあまり、ついうっかり家を少し過ぎてしまった。

次の曲がり角からぐるっと一回りして帰ろうと車を走らせること数秒
街路樹がデカ過ぎて街灯にかかり薄暗くなった灯火の下に例の女性が突然現れた!

うん。歩いている…前と同じようにただただ歩いている…

てか、いつの間に!?

ちょっとオカルト的に興味あったけど、
もし何かの偶然でその人が極々普通の人間であるのなら、
幾らオカルト的に興味あるからと言って私がここで霊的なものなのか確認の行動を起こすことは絶対に避けなければいけない事だ。
その方に多大な迷惑をかけてしまうし不快にさせてしまうだけだからな。

だから普通に通り過ぎて迂回して家に帰りました。

だけど、ひとつだけ気になることがあった。

それは、その女性の横を通過したとき低い音(声?)で何か早口言葉のような…でもスローだったようにも…とにかく聞こえた。
間違いなく聞こえた。

歩道から、走行中の車内まで聞こえるとなると相当な大音量で音楽でも聴いていたんだろうか?

それとも、

そのコンビニの駐車場のその駐車する場所に車を止める
出るときの後ろを振り向く行為

この一連の行為がその女性を別世界から呼び出す何か儀式的な行為になっているのだろうか。

わかんない。

でも、不思議。





スライム味とメタルスライム味があって30秒くらい迷ったけどメタルスライム味にした
gum1_1.jpg



毎度毎度、変わり映えしない画像だな
DSC_0071_0.jpg


何回か前の記事でもあげた例の本
今月中には出来上がる!…と、思います。







Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

鼻水が止まらない日



自分の感じてた疑問は間違いじゃなかった。
今回いい機会だと思って先月の某で聞いてみたんだけど確認できたから良かった。
自分の認識や感覚は決して間違ってなかったから改めて自信にもなった。

ここでは言及しませんが。

某の前に同じく疑問に思って私に聞いてくださった方々、例の件については上記の通りです。
先月中に報告しようと思ってたのですが遅くなりました。
詳細をお返事のメールにて先程送らせて頂きました。
質問者様方の疑問は抱いて当然ですよ。
むしろ、マニアを自負するならそこに疑問を抱かない方が逆におかしいんです。
なのでその件に関しては自信を持って下さい。
大丈夫です。



それにしてもこちらは一気に寒くなりました。

ツギオ達はまだあまり寒さを感じていないようです。
DSC_0050_2.jpg


みんな食欲も落ちてません。
消化も。

DSC_0054_1.jpg


夜間や給餌日の活性や反応も見た感じでは下がってないようです。
DSC_0070.jpg


「今日はご飯の日だぞ」ってわかるのか、
私が準備を始めるとみんな此方を向いたり寄って来たり落ち着きなくソワソワしだします。
そんなときも可愛いですよね。



突然、透明な鼻水が出始めて止まらなくなって、でも、いつの間にか止まって…
大概その後は思いっきり鼻づまりになる。
きっと鼻のヤル気がなくなるんだな…







Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。