3L 研究所

ツギオミカドヤモリ専門の隠れ家的なブログです

アダルトチルドレン ~John Doe~



超重たい話。

こんにちは。

自分が生きてるってこと自体に罪悪感や嫌悪感を子供の頃から感じてる者です。


今回、こうゆうことをブログで書くのは初めてだ。

もしかしたらこのブログを見てる人の中に、
ACの分類は違えど私と同じくACの人がいるかもしれないから書いてみる。

…と言っても、なんの救いにもなりませんが(笑)


日本ではアダルトチルドレンを間違えた認識で捉えてる人が多いと聞きます。
中には根本となる原因を一切無視したり理解する努力すら行わず認知したふりをする人間も。
当初、メディアが勘違いした扱いをしてしまってそれが浸透してしまったってのも原因でしょうけど。



ヤモリの記事は下の方にあります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今でも鮮明に記憶している。
まるで、つい最近のように。

【(痛いから助けを求めたとき)『臭いから近寄らないで!』≪幼少の頃に口内炎が膿んでしまったとき≫@母】

【(バットで頭叩かれながら)『お前は生きる価値もない』≪小学生の頃テレビを観てたら突然に≫@父】

【『こんなゴミみたいな価値があるかわからないような奴だけど宜しくな』≪小学生の頃、親戚の子供が集まったとき足で顔を後ろに押されながら≫@父】


まあ、ここには書けないようなコトも他に色々あるけどね。

今まで生きてきて自分の中でずっと抱えてた妙に苦しい感覚。
まあ、今もだけど。
それは物凄い生き難くさ。


先日の記事でも書いた妹の出産の話。
色々な思いがあって言葉が出なかったって書きました。

それは喜びや愛おしさなど感動とは別に

『俺なんかが新しい命の誕生のこの場にいてほんとにいいのだろうか?』

『俺なんかがこの喜びの場にいるのは場違いじゃないのか?』

『俺なんかが赤ちゃんに触れても良い権利はあるのだろうか?』

そんな罪悪感がふつふつと湧き上がってきたんですねぇ、これが。


みんながテンション上がって喜んでる中、
はたして、自分もみんなと同じように喜んで良いのか戸惑って結局は抑え込んでた自分がいました。

本当はめちゃくちゃ嬉しくて可愛くて涙出そうなくらいなのに
心の半分は喜ぶ権利は俺にはないっていう自分がいるこの矛盾。



私のことをよく知る人達からは
『よく今まで自殺しないで生きてこれたよね(笑)』と言われたこともしばしば。

私は死にたいなんて一度も思ったことがない。

敢えて強いて言うなら

「死にたい」んじゃなく「消えたい」

初めから自分は存在してないって事になりたいんだから。

そもそも、生きてる意味を感じたことがないからな。
もっと言うと、自分の中に『自分』という存在がない。

不思議なことを言うようだけど、
自分には今まで生きてきたっていう過去が自分の中にないんだから。


名無しの権兵衛


心のどこかに今も今までも果てしない時間をずっと一人で泣き続けている、
子供の頃に子供を生きることが出来なかった子供のままの本当の自分がいて、
その子が今もずっと苦しんで泣いているらしい。
インナーチャイルド


ただ、こんな自分だからこそ人を自死から救えるかもしれないと思ったことがある。
しかし、ゲートキーパーの研修なんてクソみたいなもんだった。
人間はマニュアルで動いてる「物」じゃないんだからよ。

技術的なことで言えば「本物」の傾聴と、
あとはやっぱ心から寄り添ったり親身になって理解を示したりして思いやる気持ちがまずは大事じゃねーの?
…と、私は思ったわけなんですが。

「病院や関係機関へ導くことができれば達成」みたいな…
それはゲートキーパーや福祉、社会の役割ではあるけれど、でもこれがゴールなの?

人が人の心や命に関わる以上はコンタクトをとる側はもっときちんと向き合う姿勢も必要だと思うんだけどな。

人間が生きるのにマニュアルなんてもんはねーから。
例えあったとしても、そのマニュアルは人の数だけそれぞれに内容は違うはずだ。



私が子供の頃、もう他界した父方の祖父からこんな話を聞いた。

ある日のこと。
学校へ持って行くお弁当を親から渡された。
いつになく重たかったので祖父ちゃんは今日はご飯がいっぱい入ってるんだと喜んだ。
お昼時間になりお弁当箱を開くとお弁当箱には一個の梅干しと弁当箱一杯の小砂利が入っていた。

またある日は、
その日に限って親に早く寝ろと執拗に言われた。
祖父ちゃんの寝床は家の中じゃなく外にある物置小屋だったらしい。
深夜、何だか煙たくなり祖父ちゃんは火事だと思って小屋の戸を開けようとしたが開かなかった。
近所の人達がそれに気づき消火してくれて祖父ちゃんは死なずに済んだ。
祖父ちゃんの親がまだ子供だった祖父ちゃんを物置小屋に閉じ込め火を放ったことが判明した。


大人になった祖父ちゃんは短気だった。
でも意味もなく怒る様な人じゃなかった。

なのに悪い話しだけが一人歩きし、地域からはあまりよく見られていなかったらしい。

つい数年前、私自身の同級生の親にばったり会ったことがある。
何故か突然こう言われた。

『leachiesの祖父ちゃんはあまりいい話は聞かなかった』

どうして急にそんなことを言ったのかはわからない。
私はただ笑顔で『こんにちはー、お久しぶりです』と挨拶しただけなのに。
言われる筋合いもないしちょっと腹が立ったけど同時に悲しかった。


祖父ちゃんは本当は言われるほど悪い人じゃない。
困ってる人を見かけたら自分の用事を犠牲にしてまで困ってる人に協力する人だった。

ただ自分なり他人なり理不尽な状態に置かれる状況になったときは筋を通す人だったってだけなのに。


ある雨の日、バスに乗り遅れた病院へ行く予定の老人がずぶ濡れで困っていた。
祖父ちゃんは見ず知らずのその老人を家に呼んで自分の乾いた服を着させてカッパも着させて間に合うように病院まで連れてったことがある。
今では問題になる部分も多々ある事柄だろうけど昔は今みたいなこんな社会や時代じゃなかったから。


また、ある暑い夏の日のこと。
祖父ちゃんは道路工事を見学するのが好きな人だった。
休憩時間になりへたり込む様に作業員が座り込んだのをみて
近くの商店で自分の少ない年金でアイスを沢山買って『暑いでしょ?食べませんか?』と差し入れをした。
まだ小学生の私も一緒だった。


祖父ちゃんはそうゆう人だった。


まだ子供だった私の目に映る祖父ちゃんの姿はいつも穏やかでした。

だけど、祖父ちゃんの立つ位置はいつも輪の中にはおらず、
気付けば何時もみんなの一歩後ろにいて、
一線も二線も離れた所から喜びや悲しみをみている、どこか寂しそうな人でした。



そして昨日。
私はちょっと家のことで色々あって久々に相当辛い波に襲われた。
かなりしんどかったので長話になっちゃったけど、私をよく知る人に聞いて貰った。

話の中でその人はこう言った

『leachiesは祖父ちゃんに似てる』

子供の頃の辛い経験や、内面的な人間性が祖父ちゃんに似ているという。

祖父ちゃんも生き難さがあって辛かったのかな…
せめて自分にも祖父ちゃんみたいな強さがあればよかったな。



ケア・テイカ―/ ロスト・ワン
アダルトチルドレン


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


さて。
ジャイゲコことツギオミカドヤモリです。

昨日のこと


メンテ
たまごヤテ (3)


あれ!?
たまごヤテ (5)


こんなところに…
たまごヤテ (6)


産卵床は異常なし…平らのままだ。
たまごヤテ (4)


触った気配すらない。

てことはダメ卵の可能性が高いかもな…

今年はもう半分諦めてるからいいんだけどさ。
(負け惜しみ)


何度か交尾を確認していても産んだメスが卵を大事にしなかった場合
たまごヤテ (1)


大概が掛かってない。

一応、孵卵してみるけど。

カラカラに乾いたヤシガラ土を適当に入れたカップに
メンテが終わるまで一旦入れといたんだけど、そのまま夜まで置き忘れてしまった…

水を足したんだが凹んだ…
たまごヤテ (2)i


どっちみち孵化しないだろうからこのままの管理で放置してある。
凹みが治る様ならひとまず腐るまで観察でもしようと思う。




Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

ジャイゲコ色々と



今回は文字だけの更新です。



先日、隣町に住む人からこんなメールが来た。

『恐ろしく下痢をしている』

なので私はこう返した。

『あまり酷いようならとりあえず病院行っとけ』

・・・

どうも違うらしい。
下痢をしたのはツギオとのこと。

この方は…飼育して8年目かな?ツギオ。
5匹ほど飼育されていて、その中の1匹に問題が起きたらしい。

あ、数年前いつぞやの記事で登場した知人と同一の人ね。

ブログでチラリと書いてもいいとのことなので
このブログもネタ不足なのでちょっとだけ書いてみる。

問題の子を昨日、見に行ってきました。

・・・

問題の子が入ってるケースを見せて頂く。

・・・

うん。臭い。間違いなく臭い。
ツギオは排泄量も多いからこの時期、暖かくて湿度が高いと
ウンコのニオイがキツくなる感じとかならあるけど明らかに違うニオイがする。

公衆便所的なニオイだ。
ちょうど出したてだったのでよくわかる。

それプラス、目視で確認できる虫もいた。
私には見覚えのある虫。
大学での研修でも見たし私自身も経験あるヤツだ。

地元に爬虫類を「きちんと」診てくれる病院はない。
数年前まではいたけどね…

治療はしてもらえなくとも検便だけは出来るぞって提案したけど本人曰く
『もし治療が必要な結果が出ても治療してもらえないならどうにもならないからしない』…と。

確かにその通りだと思った。
飼育者としては正直でストレートな気持ちだと思う。

・・・

で、話を聞くと今までこんなのは初めてのこと。
ただ、毎年この時期になると下痢傾向ではあったらしいが
今回の様な水っぽくニオイ立つのはなかったみたい。

季節の変わり目で且つ今年の此方の気候はかなり不安定な状況なのでそれも何か影響があるのか…

わからない…

『どうしよう?』と聞かれたが…逆に『どうしたい?』と聞いてしまった。

そんなもん野暮な返事なのは百も承知。
改善させたいのに決まってる。
治したくて困って相談してくれたんだろうからね。

でも、私は獣医じゃない。
わからんもんはわからん。

ただ、お腹の中に虫がいて、それが悪戯をしてるのは間違いないと思う。

フェンベンだけはカバンに入れてきた。

後はどうするかは本人次第。
自分の飼育している生き物をどうするか決めるのは飼い主だから。

目に見えてる虫が悪さしてこの排泄状況になっているなら何とかなる。
…てことで、とりあえずはそれらを落としてみることになりました。
フェンベンダゾールを投薬。

これで線形の奴らは一発で落ちる。
ただ卵もお腹に入ってるだろうから2週間後くらいにもう一度やる。

思い当ることもあって3日間の連投も考えたけど本人が自分では投薬は出来ないと言うからやめた。
フェンベンダゾールは簡単なんだけどね。

まあ、それはそれでいいんだけど、
どうも私的には今回の原因は違うんじゃないかと思う。
目では見えない奴らじゃないかと。

原虫類ね。

電子顕微鏡でもあればみれるけど持ってない…
そんなたいそうなもの私が持ってるわけない(笑)

けど、原虫類が原因だったらどうするかね…

メトロニダゾールも家に帰ればあるけど副作用の心配があるからな。
期間中と期間後のケアをしっかりやらねばいけないし。
万が一のときも緊急用の対処もあるし。

そもそも本人がフェンベンを投薬できないんじゃメトロはまず投薬できないと思うしなぁ…

強烈に苦いからね。
最初は騙して口腔内に入れられるけど覚えちゃうと口を頑なに開けなくなる。
鋭い個体は固く練ったレパシーやバナナに埋め込んでも吐き出す賢い子もいる。

願うなら、その排泄物の状態の全ては線虫類が原因であって欲しい。
そしたら今回の駆虫で改善されるから。

でも恐らく違うような気がするんだよなぁ…

ちなみに個体自体は痩せてもいないし脱水もしてる様子はないし食欲も旺盛とのこと。
あと、下痢といっても頻繁に排泄をしたり、しぶりがあるわけでもないみたい。
いつものサイクルでウンコをし、そのウンコが臭い下痢であるみたい。

臭いはお腹の虫が原因じゃなく腸内の環境が良くないだけならいいんだけどね。

こればっかりはわからん。





そして、私も人のことばかりではいかない。

うちのツギオ連中が今年は全くダメだ。
繁殖のスイッチが入らん。
全てのメス達が行動すら起こさん。
成熟待ちの待機組も無精卵すら産まん。
毎年産む子達すら一個体も気配無く産まない。
産むような行動が今年はひとつも、全くみられん。
産卵床や床材を掘ることすらしない。

冷静に思えばオス達も今年はどうも反応が弱い気がする。

産むけど孵化しない
とか
産むけど見るからにダメ卵
とか
そうゆうのだったらわかるよ。
繁殖に挑戦してれば必然とついてくる経験だから。

でも今年はそうじゃない。

どうなってんだこりゃ。
一体どうしたんだろか?
こんなの初めて。

もう7月だよ?
ハッキリいって今期はもう無理じゃね?

秋の変わり目にかけてみるって手もあるけど…
孵卵のことを考えると産んだとしても土地柄的に難しい…管理が(汗)
厳寒期の卵の管理になるから。

それに此方は内地のように秋は長くないからね。

今までと今年で違うことは何か…
必ず何かあるはずなんだけどな。

虱潰しに考えたけど「これだ!」って理由がみつからない。

明日、時間が出来るんで、もう一度、
ツギオ達と睨めっこしながらジックリとゼロから考えてみようと思う。

もう遅いけどね。

ついでに幾つか写真を撮って明日か明後日か両日か撮りたてホヤホヤの写真付きで更新します。
たぶんだけどね。





文章だけなのに最後まで読んでくれてどうもありがとう!





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

○○率



どうしたもんかのぅ…

go


一か八かに成果が出ることもあるし…

po


この気候に原因があるのか…

自分の技量不足なんだろうけど。

なんか嫌だな~ おかしいな~ 不気味だな~って。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


話は変わって、活虫

活き虫を餌に使うときはフェンベンダゾールを用意しておく。
私の場合ね。

・・・と言うか、必要になるときがやってくる可能性があるから。

mt


活き虫は人工下で養殖されたコオロギやジャイミルを使うわけだが。
どうも暫くすると線虫類がでることあるんだよね。
検便すると出るんだな、これが。
俺のじゃないよ。
ツギオ達のね。
線虫の種類によっては目視で見えるやつもいる。

最初の頃は無知なもんで
『おっ、コオロギの卵が未消化で出てきてるよ』とか言っちゃって。

まあ、ツギオなんでコオロギに限らず未消化気味で出てくることもたまにあるんだけどさ。
今じゃ、見ればすぐにわかる。
特に出たては。
種類によっちゃ元気がいいとウンコの上で暫く動いてるからな。

デュビアなんかも腐葉土なのか餌の野菜からなのかわからんが、
それで管理してると出てくることある。
腐葉土はレンチン済みでもね。
コオロギやジャイミルなどに同じく暫く与えてるといつの間にか。

活き虫を餌にするんだから、そんなもんと言えばそんなもんですよ。
むしろそうゆうもんだと思ってます。
出るときは出る。出ないときは出ない。

活き餌はとても良い栄養源にもなるのですが。

でもどうも気になっちゃうんだよなぁ。

これらを与えなければ線虫類はまず出ることは無い。
しっかりと駆虫してあるんならね。
幸い少なくともうちでは出ていない。

うちはもう2年くらい活き虫は与えてない。
人工飼料のみ。
その前は頻繁に与えたり、与えるの止めて駆虫したりと様々。
その時々で入手や個体の段階次第で餌のレパートリーも変わるから一概には言えないけど。

直近では生きた虫餌を止めた年に駆虫して人工飼料のみで管理して
幾度か検便かけてきたけど今年も全個体シロでした。

でもなんでか知らんけどこの時期になると無性に与えたくなる。
動いてる獲物を捕食するツギオはカッコいいからね。
ピンセットで食わさんで生きた虫を与える用の大きなケースを用意してツギオを放ち虫をばら撒く。
捕まえるのに下手な時もあってそこがまた気を惹かれる。
見ていて飽きない。
ついつい見入っちゃう。

道端のアリンコをジーっと見ちゃうアレ。
洗濯機が回るのをジーっと見てしまうアレ。

自分で屁をこいて臭いと知りながらついつい嗅いじゃうアレ。
・・・
これはちょっと違うか。

まあ、そーゆーのと同じようなものなのかもしれない。
惹かれるってそんなもんでしょ?





こーゆー事例もあるよって話でした。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

赤ちゃんがうまれました!



昨日、2016年7月5日、妹夫婦に赤ちゃんがうまれました!
2900グラムの女の子です!

可愛くて可愛くてもう~たまりません!

たまに「新生児はみんな同じ」っていうのを聞くことがあるけど全然そんなことはなく見たら直ぐにわかります!
新生児室にいる他の赤ちゃんも見たけどみんなそれぞれ違います。


帝王切開だったのですが、手術室の前で待ってる間、
どうも落ち着かなかったので別階にあるデイルームで熱いお茶を飲みながらその時を待ってました。

そろそろかな?って思い、
手術室へ向かうと既に赤ちゃんが取り出され家族へのお披露目も済んだあとでした(笑)

ちょっとのんびりお茶を飲み過ぎたー!
緊張してたもんで…


でも、その後、妹の縫合も無事に終わり病室に戻ってから
少しの時間ですが看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれてそこで赤ちゃんと初御対面!

色々な思いと、とにかく可愛くて、ちょっと言葉が出なかったです。

妹には『頑張ったね。お疲れさん』と伝えました。


あと、赤ちゃんの心にも響くといわれる振ると微かにシャランシャラーンって鳴るオルゴールボールを渡してきました。
妊娠を知って直ぐからずっと自然の洗礼というか浄化とかいうやつをしてきたやつです。
太陽に月、大空や大地といったように天にも地にも、ママにもパパにも全てに親和的に…の思いを込めて。




そして、今日、お祝いを渡すのも兼ねて病院へお見舞いに行きました。

ピンクでポップな出産祝いの祝儀袋を見つけたのでそれにお祝いを入れ絵本も添えて渡しました。

絵本はこの3冊


「ちいさなあなたへ」

「うまれてきてくれてありがとう」

「くっついた」


本当はベビー用品がいいんだろうけど、
今何が必要でどんな種類があるとか全然わからなくって…

なので色々と考えて急きょ、本屋まで車をとばして絵本を買ってきました。

気に入ってくれればいいな~。



いやぁ~、それにしてもほんと赤ちゃん可愛いです。

姪っ子でこんなになるなら、もし自分に子供が出来たときはどうなっちゃうんだろ。
『パパのこと全部食べちゃっていいよ』ってなっちゃうかも。


いや、よくわからんけどな。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

多肉植物の花が咲いた



今回もツギオミカドヤモリはお休み
たぶん次回はツギオの記事になります。





多肉植物の花が咲きました!

種類はわからない。
…というか、忘れた。

これこれ!
DSC_0034_0.jpg


これ
DSC_0004_0.jpg


綺麗!
DSC_0033_0_201607021933392df.jpg


ちょっと筒状になってる
DSC_0042_0_20160702193403bb7.jpg


可愛い花だなぁ
DSC_0039_0.jpg


蕾の塊もまだ幾つかあるから楽しみ!
DSC_0035_0_2016070219334218c.jpg


DSC_0030.jpg


この花、蜜をだしました
小指でちょんちょんしてちょこっと舐めてみましたら…

甘い!

クセのない後味すっきりなんだけど強い甘味で美味しい蜜でした!


初めて咲いた花
初めて見た花
初めて舐めた花の蜜

小さな発見
小さな喜び
小さな幸せ

知らないことって面白い。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

雨のち晴れの日記



今回はツギオミカドヤモリはお休み



長雨が続き何日も太陽をみない日が続きましたが数日前に突然の晴れ間。
気温も一気に上がり夏日に。

チャンスはここしかないと思い、何とか海へ行ってきました。

案の定、今日からまた雨
しかも気温が低く先日の晴れ間とはうって変わって涼しい


行った場所は南の方の港
DSC_0092.jpg


到着時はちょっと雲行きが怪しかったのですが…


そんな心配もすぐに解消
DSC_0156.jpg


青空が出ました
DSC_0157.jpg


大きなカレイが出る気配満点です
DSC_0160.jpg


…が、今回は出ませんでした。

デカいカレイを待っていた人、残念!(笑)



キタキツネが魚釣りを見物しています
DSC_0101_20160702180749eb5.jpg


地面が太陽熱で熱くなるとチョロチョロ
DSC_0102.jpg


チョロチョロ
DSC_0144.jpg


エキノコックスの心配がなければ触ってみたいんだけどなぁ。
近年また増えてきてるようで…。


釣りの方は何故かこの場所には自分以外の人は誰もいません
DSC_0133.jpg


珍しい事もあるもんだ
このポイントは先ず釣りの人達で埋まる場所なのにこの日は誰一人いない。
ここじゃ釣れないのか?


何だこれ?
20160627130040_0.jpg

何だこれ…
長い…
ハモ…かな…



デカいヒトデはよく釣れる
DSC_0159_2016070218090456c.jpg


ゴミも釣った。
自然にゴミを捨てる奴の気が知れない
外道の魚やチビサイズの魚をそこら辺に捨て干からびてるのも見た
食べないならリリースすればいいのに。

私は無闇に自然を壊すことは大嫌いだ。

ついでに言うと、端からケンか腰で話してくる人間も嫌いだ
何故だか普通に会話を出来ない攻撃的な口調や態度の人がたまにいる。
それが心の病気なら仕方ない。
病気がその人をそうさせてるから。
でもただ腐ってるだけの奴や人間的に疑っちゃうような奴も事実いる。
これは悲しい。
何も悪いことしてないのに初対面の人に誹謗や中傷をされるのだから。
『いかがですか?』や『釣れますか?』って聞いただけなのに。
そうゆう奴はそもそも挨拶すら出来ない。
挨拶しても大概は無視される。


それでも、海で出会う色々な人達、殆どの人達はちゃんと会話してくれる。
自分から声を掛けることもあるけど逆に声を掛けられることの方が多いかな。

ほんと色々な人達と出会う。

魚釣りの人
最近では若い女性の釣り人さんもいる
散歩に来た地元の人
サーファー
フィールドスタッフ
漁師
御隠居
ファミリー
カップル
国内外の大型船の乗組員
大型船の船長
大型船の水先案内人
たまにヤクザ

ちょっとした会話もあれば長話になることもある

その日、その時、その場所へ行かなければ出会うことのなかったであろう初めて出会う人達
礼儀が凄く正しい人もいれば個性が強い人もいる
でも殆どはみんないい人。

そんな一期一会の出会いも私は好き。


あ、そうそう
これ!(笑)
20160626210942.jpg


前の日の夜寝る前にお弁当を(笑)
のり弁です(笑)

実はこののり弁、ご飯が二層になっていて秘密が隠されています。
バター鰹節・梅・タラコ・昆布・紅鮭が四方角と真ん中にそれぞれ入れました!

美味しかったよ?

外で食べるご飯は何でも美味しい
DSC_0152.jpg


パンも美味しい
20160627090704_0.jpg


カップ麺も美味しい。

帰る頃には誰もいなかったこのポイントも地元の人達や常連さんやらサーフィン帰りの人達で賑わってました。
みなさん各々に魚釣り。
でもみんな大きなヒトデには苦戦してたなー。



帰りは途中の町に入った辺りで急に曇り出した
でも光が差してた

天の何かが開いたんだな。
DSC_0196.jpg


魚?

いっぱい釣れたよ
DSC_0232_2016070218100343d.jpg


コマイ・アイナメ・カジカ・キュウリウオ・カレイ数種とか他の魚もいっぱい釣れた。
DSC_0238_20160702181005f9f.jpg


リリースも含めたら100匹は超えたかな。

頼まれた分や保存しておく分もあるから手元に意外と残らなかった。


唐揚げ
DSC_0242.jpg


ハモ(みたいなやつ)の唐揚げ
20160628183425.jpg


ハモ(みたいなやつ)は味わい深い!



カジカの唐揚げ
20160628183139.jpg


カジカはフグの様な身質で美味しい!


コマイの煮付け
DSC_0253.jpg


クリガニの味噌汁
20160628183046.jpg


どれもみんな美味しかったです。
自然の恵みに感謝して食べました。


今回も冷凍庫にある干しいもで天ぷら
DSC_0245.jpg


いつも干しいもを揚げてるのは魚を揚げる油の温度をみるため。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。