3L 研究所

ツギオミカドヤモリ専門の隠れ家的なブログです

あぁ、無常



もう何日も太陽を見てません。

かれこれ10日以上雨。
よくてせいぜいどんより曇り空。

天照大神が世の愚かさに怒り
再び天岩戸に隠れちゃったのでしょうか。

このままじゃ多くの禍がおきちゃう.。

もうウンコ蒔き散らかさないから出てきて!



まあ、私の住む都道府県も西側は晴れ間も出てるようですが。
こちら東側は全く。

おまけに気温も低い。
最高で20度前後。

雨ばかりで湿度だけは高い。
洗濯物が乾かないからコインランドリーは盛況のようです。



うちのツギオ達も少し前からペアリングや産卵セットを組んでるのですが・・・
気温の上がらない日が続いてるせいか活性が駄々下がりです。

DSC_0054_20160624194252348.jpg


そもそも今年は総じて例年のように上がってこない。

何が例年の今時期と違うかって、

メス達が無精卵を全く産まない
そもそも産卵前の行動や兆候がみられない
オス同士のいがみ合いもあまり起きない
鳴きもカエルの大合唱状態にならない
深夜の活動も緩やか

こりゃダメだね。このままじゃ。

DSC_0081.jpg


ご飯だけは例年と変わらずこの時期の通りめちゃくちゃ食べてるけど。

DSC_0052_2016062419462229a.jpg


環境内の湿度だけはめちゃくちゃ維持されてる。
考慮して通常より半量以下の少量の霧吹きにしても、
丸1日半くらい水滴が残ってるから衛生的にもあまり良くない。

DSC_0075_2016062419425652e.jpg


あー、困ったな。困った・・・

どうにかならんものかね…

DSC_0057_20160624194253674.jpg


足が…

DSC_0061.jpg


DSC_0086_20160624194618644.jpg


DSC_0096_201606241946193db.jpg


非常に眠い。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出会ったおばあちゃんやおじいちゃんに無性に会いたくなることがある。
今がそう。
心配だからだ。

でも会えない。

このモヤモヤした気持ちや誰かに聞いて貰いたい気持ち

行き場がない

私達には絶対的な守秘義務が課せられるから。

在籍中は当然ながら外れた後も守秘義務は絶対だから。

当人が利用する施設に在籍中で同施設内の仲間になら許される

でも、気になってしょうがないこの気持ちって
看取りの段階や危篤状態とかお別れが近づいてる状態じゃない限りは
大概は離れてから湧き上がってくることが多いという。

自分よりも長く生きてきた人生の大先輩はその生き様から色々なことを教われる
物事の見方や優しさとかいっぱい

接していく中での行動や、ちょっとした一言、
自分に掛けて貰える言葉や気持ちとかで自然と感じられることも多い

背負ってる外枠だけをみるんじゃなく目線を同じ高さに合わせ真っ直ぐに向きあって接する
「本当」の傾聴をもって向き合う

一生懸命生きてこられ小さくなったその体や心はとても温かい

心を開いて自分のことを話してくれるととても嬉しい
自分も一人の人間として素直に話せる

あの人が大好きだった食べ物の話とかまた一緒にお喋りしたいなぁ…


人と関わるということ

その責任が大きい立場ってこと

でもやっぱり心配なもんは心配だ。
お体の状況も知ってるから。


立場上、ノイローゼや鬱っぽくなっちゃう人も多い

私もそう。


DSC_0101.jpg



でもやっぱり、またお喋りしたいな。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Monkey



『おーい』
tk②


此方を呼んでいるようにもみえる



こんにちはー
tk①







連日の更新になる記事の予約投稿もここまで。
マメに覗きに来てくださった方々、どうもありがとうございました!



【追記】
昨日の地震、心配のご連絡をしてくれた皆さま、ありがとうございました。
私が住むエリアは全然大丈夫でした。

地震はとても怖いものです。
全てを奪うこともあります。

無意味な願いだと承知の上ですが、どうかこれ以上、大きな地震がきません様に・・・






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

仲睦ましく



ほぼ毎日の更新で正直飽きたでしょ。
まあ、飽きるほどのアクセスがあるわけでもないんですけどね。

最近のことを出来るときにまとめて更新の予約しとこうと。予約投稿なので。



仲が良い夫婦
yate③


向かって右がオス、左がメス

このオスは近々、不倫するけどね。


こんなに寄り合う2人なのにね。
yate②


◇◆◇◆◇◆◇◆


先日のコマイ釣り

釣れてる間にもう一度行きたいと思って先日やっと天気にも恵まれ行けました。

ですがもう殆ど釣れませんでした。
どうやら漁師が港内や極めて沿岸に近い所に網を入れたようです。
幾ら漁師とはいえこれって確かダメだったと思うんですが…

現地で何人かに情報集したのですが釣り人達からは愚痴しか出ません。
ファミリーやカップルで来ている釣り人さん達も残念がっておられました。

でも、もう、仕方ありません。

朝から1日粘ってこれです。
沢山いるように見えますが見えている分だけです。
魚


あまりにも釣れないので普段はリリースする美味しくない魚も今回はキープしてみました。
何とか美味しく料理できないかと。


その代表格のカワガレイ
独特の臭みがあり大変不評です。
私自身もこの魚はちょっと苦手です。

それをしっかりと酒と塩をまぶし一晩寝かせ、臭みを消し身を〆てみました。

カレー風味の唐揚げに
カワガレイの揚げ物


恐る恐る食べてみたのですが…美味しい!
臭みなんて全くなく身も程よく締まりがあり普通に美味しかったです。

ヒレのパリパリ具合も煎餅みたいで美味しかったです。


こちらはコマイの唐揚げ
辛うじて釣れたものです。
コマイの揚げ物


向かって一番右はシモフリカジカ
皮を剥いて食べれば濃厚な鶏肉の様なフグのような食味で美味しいです。

一番左はキュウリウオ
この魚も地元では結構嫌われ者なのですが丁寧に鱗をとって食べれば普通に美味しい魚です。

これらの唐揚げ様にネギたっぷりの香味タレを作りました。
香味タレ


これを唐揚げにぶっかけて食べます。
絶品です。


錘にくっ付いてきたツブ貝も揚げてみました
ツブ貝の唐揚げ


ツブ貝を唐揚げにしたのは初めてなのですが噛めば噛むほどに旨味が出て美味しかったです。


コマイは唐揚げの他に煮付けてみました
コマイの煮物


こちらもまた美味しかった!

コマイはタラと同じく淡白な魚なので、どんな料理にも合います。


唐揚げの前に油の温度をみるのに揚げてみた冷蔵庫に残ってた干しいも
干しいも素揚げ


お芋好きの女性には大好きな味かもしれません。

サクッパリッ、中はちびっとねっとり






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

ツギオミカドヤモリの交尾



私の場合

まずは喧嘩とか怖いからね。
事故を経験した身としては。

なので、セットを組む前にオス・メス対面させて様子を見るわけですよ。
F_B②


ただし、ペアリングなど繁殖に関わることをする時は時間があるときにしか行いません。
理由は上記の通り万が一の事故が嫌なので。
悲しい事故が起きた時はほんとショックなのでね…。


このペアのように、この時点でこうなると楽なんですけどねぇ…
F_B①


オスがカクカクと動いてグッグッて鳴きながらメスに甘噛みするわけですよ。
噛みついたあともプルップルッて。

このとき、しっかり性成熟したヤル気のあるメスなら、
状態やタイミングさえ合えばこの時点で自ら股を広げて尻尾をグイッともち上げて『入れてもいいよ~』ってサインを出します。

なかなかそんな状況にはお目に掛かれませんけどね。
今回は運良く。

そして合体します。

私は変態ですから入れる瞬間から入って落ち着くまでの結合部の一部始終の状況をジーッと見ていたんですよ。
まあ、人間でも一部やる人がいる一種のプレイみたいなもん。

・・・

てか、ほんとは観察ですよ。
普通に生きてたら合体前~入る瞬間~入ってる最中のヤモリの結合部なんてまず見る機会なんてないですからね。

これで私は多くの殆どの人達が知らないこの世界に生きる生命の秘密を目で見て知ったわけですよ。
羨ましいべ?(笑)


観察中の私の顔は至って真面目ですよ。
ニヤニヤなんてしません。
実際、目の当りにしたら興味や好奇心も少なからずあるけど何だか自然と変に真面目モードになってた。

で、合体から20-30分くらい経った頃でしょうか。

オスかメスかはわかりませんが『ウフ~ッ』って声が聞こえたんですよ。

で、数秒後にオスの生殖器はメスのデリケートな部分から外れました。
何の声だったんでしょうね。
たまたまなのか…こうゆう声を出すものなのか…まあ、たまたまだろうけどね。

ちなみに、決して私の吐息ではありません。


メスから抜けたオスの生殖器は大きく膨らんでました。
F_B④


まるで脱腸のようにみえます。

離れてからはオスはペロペロと自分の生殖器を舐めて綺麗にお掃除します。
ここでのメスのフォローはないようです。
あくまでもオス自分で。

入念に暫くの間ずっと舐めて綺麗にします。
F_B⑥


そして少しずつ小さくなっていくように見えました。


事後、メスは淡白
F_B⑦


満足できなかったのでしょうか…







Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

外接円の外側で生きてるってこと



ヘラオヤモリとか、こうぶら下がって下を通る餌にアタックしますよね
DSC_0111_k.jpg


ツギオは重さがあるから着地するときズドンバタンと大きな音を出す。

着地…?それとも重たくて落ちてるのかな?


◇◆◇◆◇◆◇◆


ここからはちょっと余談
…というか、愚痴。


犬猫なら社会的理解を得られ、それが爬虫類となると理解は示されない

それが現実なのはわかってはいるけど理不尽さを感じるときがある。


①「爬虫類が好きな奴には病気みたいなのが多い。可哀想な奴ら。」

②「一般的な動物じゃないものを飼育するわけだから、それを飼育する人間はまともなはずがない。地元(関東圏)では専門店もみかけるけどとにかく胸糞悪くなる」

③「そうゆうの(爬虫類や両生類)は社会には必要ないから、ここにいたければお前にはこれから飼育止めてもらう」


一番上の①は某ホームセンターのペットコーナーで店員と客が一緒なって言ってた会話
つい最近のこと。確かGW中だったかな。
気になったんでね、レオパとボール見ながら一部始終聞いてました(笑)

真ん中の②は箇条書き的になったけど、本州から遊びに来た叔父が親戚の家で言ってたらしい

③は前に職場の上司が突然俺に言ってきた言葉


理解がないなら無いでいい
嫌いなら嫌いでそれでいい
興味ないなら興味ないでそれでいい

それらを飼育してる人や、その生き物のことを、わざわざ口に出して悪く言う必要はないと思う。
嫌なら嫌で黙っていればいいだけのことじゃないかな。

それに、はっきり言って悪く言われる筋合いもないしな。


じゃあ、なんだ。

もし俺や、そういった生き物を飼育している人達にテメーの好きなものや大事なものを悪く言われたらどんな気持ちになる?

普通は不快になりますよね?

中には気にしないって人もいるけど、気にしないって言ってる時点で気にしてるでしょ?

だって、「気にしない」っていう人の多くは実は何気に気にしてますもん、結構ね。

ましてや一方的に何かを批判するような奴のことだ。
人のことは好き勝手言えど、いざ自分のことをちょっと言われたら直ぐにカチンとくるんじゃないか?
そうゆう奴、結構いるべ?


私なんかが偉そうなこと言えた人間じゃないけどさ、
みんな好きなものや好きなことに対しての気持ちって、その大きさや方向、対象は違っていてもきっと同じなんだと思うよ。

人それぞれ価値観や興味の対象や範囲が違うってだけで、人それぞれの個性なんかもあるわけだし、何かを楽しむ気持ちや何かを大事にする気持ちは皆がそれぞれに持ってる大切なものなんじゃねーの?


それは生き物に限らずね。


普段生きていて、自分が全く興味のない事や嫌いなものを趣味としている人と出会っても、俺はその人のことを決して悪く言ったりはしない。

それはその人が生きてきた中で大事にしてることや大事にしてるもの。
好きなことや好きなものだからね。

それを自分の匙加減や視野だけで否定はしたくないから。
色のついたメガネで人を見たくないから。

個人の尊厳・尊重ってのも大事なことだと思うよ、凄くね。

それに嫌なことを言われたらどんな気持ちになるかわかるから。

さっき書いたけど気にしないって手段もあるだろうけど、それもやっぱり決して良い気持ちではないと思うし。

中には、ただ人を傷付けるだけの一方的な人間や、傷つけ合うだけの無意味な喧嘩になっちゃう人もいるだろうし。

差別までとはいかなくとも、誰か(何か)を対象(標的?)にした偏見や批判で自分を保ったり、それが社会の常識、それで一般常識的なものを保とうとしたり…みたいなものが当たり前みたいにみえることがある。


そんな風に見えたりそう感じるのはやっぱ俺が変だからなのかな。



まあ、変かどうかは別としても、俺は自他ともに認める変態だけどね。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

強欲



昔、Adam Liebermanのピンクのが欲しいと強く思ったことがある。

Adam Liebermanが殖やしたピンクのラインの子孫じゃない

『Adam Liebermanのピンクのやつ』が欲しいのだ、私は。

DSC_0054.jpg


目に見えて確定的なかなり良いのが7年か8年くらい前に一匹だけ来たんだけどね。
ええ、私があの手この手で何とかしたやつね。

誰の手に渡ったんだろ。
そもそも生きてるんだろうか。

あれは相当良い個体でした。
でも私当人は手にしませんでした。

私が欲しいのはAdam Liebermanが殖やしたピンクラインの個体ではない。

あくまでも「Adam Liebermanが持ってたピンクの個体」だから。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

Lust



今日のカップリングルームにも2組のご来店


ルーム①
よく見えません…
DSC_0106.jpg


いいんです。
プライバシーの保護は厳守ですから。


ルーム②
こちらの男女はシャワー前なので見えちゃってる…
DSC_0103.jpg


今日の2組は激しい…
片方はメスが強い
もう片方はオスが一方的に強過ぎる

ちょっと入念な観察が必要かもしれない。

事件が起きてからでは遅い。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

本質



最近、夜尿でグッスリ眠れない者です。


深夜、起きたついでにヤモリのケースをついつい覗いてしまうのは動物好きのサガでしょうか
DSC_0044.jpg


それともただのモノ好き・変態でしょうか。
DSC_0046.jpg



たぶんどっちもあると思います。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

擬態だと思う…?



使い熟せてない機能もイマイチよくわかってないカメラ
変に弄ると大抵はおかしくなる。
だからいつもどうしょうもなくなってリセットすることになる。

今日もそう。





気温が暑くなったり寒くなったり大変だ
どちらにしても今時期はまだ湿度も低いし乾燥するからしっかり霧吹き
DSC_0063_201606061406176d5.jpg


…って、あれ?

お前さん、尻尾どうしたんだい?
DSC_0068_20160606140619334.jpg


いつの間にか尻尾やられて再生した?


・・・


いえいえ、決して再生尾ではありません。


それにしても綺麗なツートンになってるね…
DSC_0071_201606061406207e4.jpg


少し時間経って若干乾燥してから見てみたけどまだツートンだった
DSC_0080_201606061406223a1.jpg


コルクの濡れて色が濃くなったとこと乾燥して乾いてるとこの色合いが尻尾にも出たんだな。
DSC_0086.jpg


蓋をしてラックに戻し暫くしたら普通の色に戻ってました
DSC_0091.jpg


本人は自分の体色の変化を知ってるんでしょうかね…?
DSC_0059_2016060614081917a.jpg


気付いてなさそうだけどな。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

相性



昨日のルーム②

キッチンペーパーのさわさわ布団が…
DSC_0041.jpg


くしゃくしゃに…
DSC_0031.jpg


じゃれただけで何も起きてない?
DSC_0051.jpg


いいんです。
ペアリングをみただけですから。

このカップルは大丈夫そうだな。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

「二つ折り」ということ



タイトル通りね。
DSC_0079.jpg


てか、今この更新で載せようと一生懸命書いた記事が保存する前に消えた。
書き終わる最後の一行で消えた。

キーボードを何か打ち間違えたんだな…

一瞬で消えた。

何故か「是」って文字だけが残った。
「是」なんて文字は使ってないんだけどな。

どこにもぶつけようがないムカッとする怒りの様なこの感情

やるせない…

「もうやーめた」ってPCの電源切りたくなる。

もう一度書く気力はない。
例えもう一度書き直したとしても一回目のように上手く書けるつもりもないからね。


だから止めた!

―――――――

ハンドリング

こうして手に乗せることに懐かしさもあれば今もこうして乗せている
DSC_0057.jpg


私が初めてツギオミカドヤモリを手に持って触ったときのあの感動は今はもうない。

ドキドキワクワクで胸が弾けるような心地よい緊張感で頭の中が少しテンション上がって
今、目の前にいる、今、手の上にいるツギオしか目に入らなくなる、見えなくなるあの高揚感

こうして今、手に乗せた所であの感覚を味わうことは無い。
あの感覚は湧き上がってこない。

あの時の感動はもう味わえない。

恐らく、これからも、もう、ないんだと思う。

初心は忘れなくともウブな感情は込み上げてこない。

あの時の感度は覚えてるんだけどなぁ…

ゆえに

ゆえに…

何だか寂しい気もする。



『感動がないようなので、もう家に帰りまーす』
DSC_0055.jpg





でも、二つ折りにはちょこっと感動した。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

待機室



珍しく連日の更新です。



本日は2カップル


ルーム①
みえません…
DSC_0125.jpg


ルーム②
こちらもまたみえません…
DSC_0129.jpg


ついでに卵の未来も見えません(今の所)。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

立ち上がれや。



勃ちあがれ?
いえ、立ち上がれ!…です。


こんにちは。
昨夜から今朝にかけて数ヶ月ぶりに熟睡できた者です。
雨音と風薬と鼻炎の薬がグッスリと眠らせてくれたのかな?

今回はツギオの写真も何枚かいきますよ~



ちょっとだけヤバいやつ。
DSC_0090.jpg


うちでは2番目の子。
何がちょっとだけヤバいのかは…
気になる人は「DCMブランド 奥行50cm 深型 F23-FC50D」の現物で確認を。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この写真ではわかりにくいけど、この子は地肌の色がお気に入り
DSC_0099.jpg


ナンチャラLineのGT?
まあ、アレですわ。
ベースカラーといい斑紋の特性といい柄物の作出には使い勝手がかなり良いようで。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この子はメスの匂いがついた手袋にはとてもよく反応する
DSC_0108.jpg


だけど本物のメスには反応が悪い…
もしかして、一人でするのは好きだけど相手とするのはあまり好きじゃないタイプ?

まさかね…

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

結構な神経質だったりする
DSC_0112.jpg


今年から使う子なんだけど。

状態をみてメスと合わせるんだけど、この子には時合いのようなものがあるのか、
この子なりのそのタイミングらしき数分を逃したらその後一晩は全くメスに興味を持たなくなる。
逆にそこを此方が上手く扱えばいとも簡単にメスと合体する。

だけどイッてるかどうかは不明。
早ければ晩夏頃にはわかる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

話は変わりまして

前回の魚、干しあがりました。
干物


北海道民にはお馴染みのコマイの半干しです
コマイ一夜干し (1)


こう開いて中骨を取って
コマイ一夜干し (2)


半身にマヨネーズをつけて
コマイ一夜干し (3)


開いたところをもう一度畳んで
コマイ一夜干し (4)


かぶりつく!
コマイ一夜干し (5)


あー、ビールが飲みたくなる…
リボンシトロンやガラナでもいい。


こんなにものコマイの岸寄りは滅多にないから釣れてるうちにもう一度行きたいな。
今日、行く予定だったのですが朝から生憎の天気で無理でした。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

虫活



今回はツギオミカドヤモリの記事じゃありません。
dxd_son


次はツギオのことちょこっと書くかもね。





先週末に海へ行ってきました。
いつもカレイを狙う場所とは違う町の港へ。

コマイっていう魚がいっぱい港に来てるって聞いたので行ってきました。
噂では100-300匹も釣れるとか!?

両親と一緒に行ってきました。
この港は私が子供の頃に親に連れられ生れて初めて「海」という場所に行った所でもあります。
親とこの港に来たのは実に数十年振りとなります。


初っぱな釣れたのがこれ!(汗
海藻


根っこ付きの昆布です。
凄く重たかった…


次に釣れたのがこれ!
シラミカジカ②


軽く40cmオーバーのシラミカジカです。
海に住むカジカの一種です。

これも凄く重たかったです!
足元に寄せるまで重いだけだったので「また昆布か~?」と思いました。

手前まで来てやっとグングンとひきはじめ…

大口開けて暴れるから更に更に重く…
シラミカジカ①


お腹側から見るとカパーッと大口開いちゃって!

リリースです。


同じカジカ類でもこんなのも釣れちゃったり。
マカジカ③


こちらはイソカジカです。
鍋にすると美味しい魚で地元ではマカジカとか鍋壊しって言われる部類のカジカです。


カッコいいなぁ…
手のひらマカジカ


このカジカはシラミカジカと違ってフォルムが良いし、口元や鰓付近の黒い斑点とか色味も素敵。
あと、シラミカジカとは匂いと肌触りも違います。

この個体はスポット的に表れてるオレンジ色や色濃く出た頭部のワンポイントもカッコいい!

全然小さいからリリースです。


ゲストばかりの写真ですが本命のコマイもちゃんと釣れました。

下の魚がコマイです!(ちなみに上の横なってるのはキュウリウオ)
バッカン


現地での本命コマイの写真は撮ってません…
突然入れ食いに近い状態が始まったから撮ってません。

今回は父と母に釣ってもらって私は魚を外したり餌を付けたりとサポートに回りました。
絡まった仕掛けを解いたり。

竿先にアタリがあるたびに父も母も2人して凄く楽しそうで、
私はその笑顔を見れたことが魚が釣れた以上に嬉しかったです!


今回の釣りの成果はリリースを含め
コマイ→52匹
クロガシラカレイ→1匹
キュウリウオ→7匹
シラミカジカ→5匹
ウグイ→5匹
イソカジカ→1匹
ツブ貝→6個

いつものヒトデ→5匹ほど(笑)


さすがに100匹とまではいかなかったけどリリース含め72匹は私にとっては十分上々の成績だと思います。


帰り道
天照



家に帰り、ちょちょいと下処理を済ませました。

これがコマイ
コマイ


コマイの下処理は難しくありません。
簡単な部類です。


天日干し
天日干し


今回は全部干しました。

生干しに仕上げます!





最近、朝3時くらいから私の部屋の真ん前でカラスとキツネの攻防がうるさくて起こされます。

それと近い未来、私の肛門から大量の出血がおこる気がします。
カルボナーラ ボラギノールも限界か…



かぶとむしゆかりさんの虫活、読んだ方います?面白いですか?
amazonから明後日届きます。


Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。