3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

尾の尾の先の尾の先に



尻尾も頑張ってるよっ!
DSC_0205_0.jpg


何を頑張って尾先立ちをしてるのだか…

実は尾の先で地面から何かを吸収してたりして。


余談ですが、子供の頃、
暑い夏の日、川で遊んでいて物凄く喉が渇きました。
川なので自販機もなく家に帰るにも少し遠く…
喉がカラカラです。
子供の私は思いつきました。
手を川に浸すのです。
そうすれば手から川の水を吸収し喉や体の渇きが癒えるんじゃないかって。
頭の中で渇きが癒えていくのを妄想しながら暫くの間、川に手を浸し続けます。

まあ、渇きが癒えるわけないのですがね…
いくらおバカな子供時代でも(今もバカですが)それくらい本当はわかっていましたけどね…

でも、あの時はほんと喉が渇いてたんです。物凄く。


話を戻しまして、
もしくは、尾の継部分の特徴から実は尻尾だけ別の生き物だったり。
クラゲみたいなシステム。



DSC_0220_0.jpg


緊張か…もしくは何か対抗意識なのか…小さな抵抗なのか…
DSC_0210_0.jpg


尾先を立たせるシステム気持ちがわからん。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

葛藤



引き続き、

このチビは対照的に現代っ子だ。
DSC_0201_0.jpg


昆虫や熱帯魚なんかでも経験したけど、
生き物ってのは累代飼育をしていると直仔よりも孫やひ孫の代で親の特徴を強く持って出てくることや親を凌ぐグレードの個体が誕生することがある。

こいつらツギオは自然界でキャッチされ管理された親個体そのものよりも、
その親から生まれる直仔に優れた個体が多くでるって言う人がいるけど本当にそうだろうか?
俺はそんなことはないと思う。

捕獲されて人工下で飼育されなければ、
一部飼育下にいるそのWD(種親)個体だって当然ながら野生下で繁殖をするわけです。
親も野生個体なら子も野生個体のままだ。

自然界じゃ現地の環境にさらされるからわかんないだけじゃないの?って思う。

仮に、現地の自然の中でハッチしたベビーを直ぐに捕獲して人工下で育てれば飼育者元で繁殖されている固体の様に綺麗な仕上がりになると思うんだが…

逆にいえば綺麗な飼育固体を現地自然界に放てばワイルド感あふれる個体になっていくと思うんだけど…。


まあ、なにをどう感じて「優れてる」と言ってるのかにもよるだろうけど。

累代される中で厳選され掛け合わせ固定化されていくような個体、いうなれば品種的なもの。

その完成度が高いほど「優れてる」…みたいな、ここではそうゆうのを捉えた場合のことね。
例えばTrogerのKoghisにあるようなものとか。

はたまた、ワイルド・累代モノ問わず元親を忠実に再現されたような個体だったり。

もしくは時々現れる異色の個体とかだったり。


繁殖の成功率や卵の孵化率のことで優越を言うなればしょうがない。
自然界と飼育下では累代の弊害は大きく違うだろうからな。
野生の中で生きてるやつは交尾相手だって全てが生涯同一固体と連れ添うとは限らないだろうし。

飼育下では頻繁にWDが輸入される生き物じゃない限りそれは仕方のないことだ。


人それぞれ求めるものが違えば良し悪しの評価の基準だって違う。
ツギオ好きな飼育者の数だけ求めるものや価値観が色々あってもいいと思う。
一方的に批判するんじゃなく、お互い尊重し合えばよいだけ。

たぶんその方が飼育も繁殖も楽しみ方の選択が増えると思うから。
それぞれ色々な「コダワリ」を持った色とりどりなマニアがいた方が客観的にみても面白いし楽しい。
ツギオの可能性は今認知されている幅だけではないと思うから。

ツギオには伸び代がまだまだあると思います。



最後に。
先日、こんなことを言われました。
「ここ4、5年でジャイゲコ始めたような無名のお前が偉そうなこと言うんじゃないw」と…

どうしてこんなことになっているのでしょうか…

ご指摘通り私は無名です。
SNSなんかも爬虫類以外ではやっていましたが今はもう一切やってませんからね…。
なので尚更無名なのはしょうがないことです。

そんな無名の奴ですが確かに偉そうなことを言うこともあります。


しっかし、今まで色々と陰で言われたりブログに匿名で誹謗されたりしましたが、遂に年数まで無根ときましたか。

てか、飼育年数とかどうでもよくね?
そうゆーのめんどくせーな。


だったら、私から言わせれば、
「ここ4、5年で攻撃的・好戦的な奴が一気に増えた」…そう思います。

前々回の記事タイトルでも風刺したけどね。


まあ、いいや。

終いには俺に「エア飼育者」とか言いだす奴も出てきそうだな。



おわり






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

ええ、そうですとも… 【追記あり】



今期もまた産み始めた…

何も準備していないから無理かと。


下のチビはまだまだ成長する。
DSC_0192_0.jpg


そして親に似て錆びてきた。

もっと…どんどん錆びてくれ。

基盤になった親みたくワイルド感をさらけ出すような錆びをこの子に。
甦れ!90年代を今に!



【追記】
今日から3日間連日更新します。

内容は薄いけどね。
むしろ無いに等しい。






Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。