3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

Happy Halloween



寝ていて朝方冷え込んだせいかお腹の調子がイマイチ

今、こうして久々にブログを更新しているんだが少し屁が出た。
ケツから何かが出た感覚があるが気のせいだと自分に言い聞かせてこの記事を書くことにする。



いやぁ~、難しいもんだね
DSC_0025.jpg


実に難しい
DSC_0026.jpg


改めて食事の関係から飼育下と自然下の相違を痛感
DSC_0028.jpg


今は高栄養低温維持
DSC_0029.jpg


この子はたぶんメスだよこれ
DSC_0035.jpg


間違いないと思う
DSC_0050.jpg


ちなみに最初の子はオスっぽいんだが…
DSC_0056.jpg


あくまでも私の推測だけどね
DSC_0052.jpg


性判別はベビーからでも可能とはされている
高倍率のレンズで見てみたり卵の管理温度なんかで出してくる

当たり前のことを言うけど、
それらは決して100パーセントの同定ではない。
目安や推測にはなるけど保証されるものではない。

ブリーダーや販売者の説明や意見、そして自分の目でみた判断

結局はある程度育ってからじゃないと断定はできないと思います。

直輸入されたものや小売りされたものを買うのなら時期に成長し提示通りの性別になればラッキー

ですがブリーダーから直接交渉などで入手するする場合や直仕入側は性別だけでなく当人間の繋がり方次第でも雌雄で価格が大きく違う場合もあるから大変。

それをどう販売し、どう販売時説明をするのか。
その時に、購入者の技量が必要とされます。
じゃないと鵜呑み買いしか選択肢はないからね。

パーフェクトな固体なんていない。
自分で殖やした個体で自己満足の範囲ならパーフェクトを付けることは可能だけど。
ブリーダー、ことに他人が殖やした個体に他人が自身を持ってパーフェクトだなんて決して言えない。
それは育っていく固体とそれを入手した人への無責任に繋がりかねない。

少なくとも私はそう思うね。
だから難しい。
…というか難しかった。

個体を選ぶのは割と簡単。
でも、相違が出たとき、販売者の説明は大概がブリーダーの受け売り。
それは仕方ないこと。
だって、自分が殖やした個体じゃない限りはブリーダーが殖やした個体を他人に売る行為なんだから。

お互いの立場になって相手の話や意見に耳を傾けられる人間ならいい。
ただ、意見=文句としてしか捉えられないコミュ力不足の人間や、逆に、文句=意見と捉えて傲慢な態度を示してくる人間もいる。

それだと摩擦しか生まれない。

難しいもんだ。

そんな中の課題の一つ
性別が違った場合の補償はどうなのか。
販売前の説明で了承してもらうのが多いんだろうけど。
例え補償されたとしても代償個体は果たして購入者の希望に添える個体で用意できるのか。
それとも販売者が何か都合をつけて購入者に納得してもらうしかないのか。

例え性別が当初と違ったとしても愛着が湧けば、それはそれで大切に飼育をしていく人が多いと思う。

それ以外では将来的に繁殖を考え、予算も限られる場合
頑張って稼いだお金で一念発起の思いで入手される方など

そうなると「なんでやー!」ってなる結果が出ることもあるかもしれない。
代償個体を用意・提示されても納得の個体じゃない場合もあると思う。

その様な方達はどう対処していくのでしょうか?

私はそのようなことに殆どなったことがないし、
例えそうなったときも年越しで用意してくれるのを待ったりして自分なりに調整し、その間に予算も作った。

まあ今となっては自分には、幸いそんな心配も要らなくなりましたが…


思い通りの個体を入手するのも難しいけど、
満足のいく買い物をするのも難しさがあると今回、国内のツギオから少し距離置いた期間でそう思った。





『Trick or Treat』
DSC_0076.jpg


『Trick or Treat!!』
DSC_0089.jpg


どうせ、おやつあげても悪戯するでしょうに…


DSC_0096.jpg


洗面器
DSC_0122.jpg


大親分を軽く温浴しようかと思ったんだけど今日は止めた


お湯を入れた所で洗面器じゃこうなるから…
DSC_0123.jpg














それでは、トイレに行ってきます。































難しい…
























Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

暫く留守にします




次回更新は連休明けの週後半くらいになります。

Category : 総合
Posted by leachies on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。