3L 研究所

ツギオミカドヤモリ専門の隠れ家的なブログです

オショロコマ



ライトモルフなダークモルフ(笑)
type_a_75y_0.jpg


何を持ってダークモルフと言ってるのか…
特に向こうのお方々。

産まれた個体が見るからにダークモルフといえるものならダークモルフとして出すだろう。

たまに、産まれた個体がどう見ても普通の個体だとしてもダークモルフと言ってる時もある。
色が揚がっても大した暗色ではないそんなんでもない個体にでもだ。
確かにグレードや価値観の違いもあるんだろうけど、どうもそれだけではない気がする。
特にType Aに分類される個体は。

何故だろう…
昔っからそうだった気がする。

基準はないだろうけど何を持ってダークモルフなのか…

メラニ個体って出して来る時もそうだ。
私が知る生物上のメラニは黒化。
つまり常に黒い黒化した生物が多い。
でも、ツギオのソレは違う。
括りは違うがダークモルフも然りに思うことがたまにある。

どうしてだろ。

色々と考えて超考えてめっちゃ考えること約30秒くらい…
私なりの答えが出た。



それは

親がダークモルフなら産まれてくる子供は問答無用でダークモルフとして売りつける売るからだ!!


だって

DMは売れるからな!



まあ、これは一部言い過ぎに当たる所もあるかもしれないけど、
冷静で真上から目線な話、ブリーダーや売り手側としての誇りや商品価値的なものがあったり、
見る人や飼育する人の捉え方や感性とかもあるだろうし、色々な意見や価値観があるってのは面白いことだ。


私なら上記画像のような個体はDMとしては売らないけどね。
自分の中で許可できるダークなヤツだけにその付加を付けて提供する。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2015年9月22日
山から見る我が平野
DSC_0010_0.jpg


この展望した所からもっと登ると…
DSC_0031_0.jpg


然別湖に到着する


更に標高の高い層雲峡では紅葉が始まってるようだ


然別湖はまだでした
DSC_0036_0.jpg


ちなみに糠平まで上がってみたけど糠平も紅葉はまだでした。
糠平には糠平湖という湖があるのですが湖畔まで降りていくとヒグマのウンコを見つけました。
湖面にはマスと思われるライズも多くみられました。
また、糠平には無料で入れる資料館のような博物館の様な所があります
生き物や自然が好きな私にはとても有意義な時間を過ごせました。
素敵な場所です。


で、話は戻って然別湖

この湖には天然記念物のオショロコマという綺麗な魚が生息しています。

ボート乗り場付近では写真の様に魚が群れているのを観察できます
DSC_0029_0.jpg


見える魚は全てウグイという魚です。
目を凝らして暫く見ていました。
オショロコマとはいかなくても他のマス科の魚が1匹くらいは紛れてるかなってみてたけど全部ウグイでした。


遊覧船で湖上からの観光もできるのですが、船に乗ると5分も持たない私は乗りませんでした。
船に乗るのは好きなんですけどね…酔い止め飲まないと速攻で酔う…


この湖は一時的な期間の間はライセンスをとれば魚釣りが許されるのですが、この日もボートで釣りをしている人達が結構みられました。
釣れているのかな?


後ろを振り返れば小さな石垣があって植物もみられました
DSC_0042_0.jpg


平地でもお馴染みの見慣れた植物ですが山で見るといつもとは少し違って見えました。
花達もオシャレづいてるのかな。


オショロコマ
20150922174243_0.jpg


然別湖限定オショロコマパイ、美味しかったです。








Category : 総合
Posted by leachies on  | 2 comments  0 trackback

甘酒あります



ウォーキングデッドのシーズン6が遂に来月からスタートします。

それに先駆け、シルバーウィーク期間中、FOXでシーズン1からシーズン5までの一気見やってます。
個人的に、何度みても私はシーズン2のラスト、農場での修羅場が好き。
今、テレビにFOXいれながらこれ書いてるのですが、まさに今、そのシーン。

シーズン5が今一煮え切らなかったので新シーズンは大いに期待です。



そんなゾンビドラマ(ヒューマンドラマ)が制作されている国から来たひと
DSC_0025_0.jpg


DSC_0033_0.jpg


DSC_0045_0.jpg



シーズン6、楽しみです!








Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

秋っぽい



段々と気温も低くなってきましたね。
でもまだ気温が上がる日の空は夏の様な空模様の時もあるので、そんな日は少し嬉しくなります。

こんにちは。

ツギオミカドヤモリの人です。

此方は気温もぐんぐん下がり始め、特に朝晩は少し寒いくらいです。

それに合わせツギオ達の行動や体の状態も変わり始めました。

DSC_0001_0.jpg

体格的には見た目さほどわかりません

DSC_0007_0.jpg

ですが重さは徐々に軽くなってきます

うちでは多くの方々とは違う管理をしているのでこれが普通です。

かと言って別に特別なことをしてるわけではありません。
クーリングを行う種類や飼い方、その飼育者さん達と同じ感じです。
それを自分の住んでる地域の気候と上手く合わせて管理してるだけです(笑)

ただ春が近づくにつれメスに関してはオスに比べ細かい観察が必要です。
春先からの交配の検討や既に交配済みの場合、産卵も有精卵・無精卵に関係なく産み始める場合などは、
それが始まるまでの間に徐々に活性化させ状態を整えたりとメスとしての代謝をしっくり上げていき仕上げていかなきゃいけません。

温度・湿度・餌の種類や間隔

あと、スコール的な(笑)
断言はできませんが、カエルの繁殖時に行う技術の一つとしてもありますが乾湿の自然的なショックはツギオにも有効かなぁと…継続調査中ですが。
種は違いますがヘラオヤモリもやってたときは有効だったように思い私はやっていました。
卵・ベビーを採りましたが「乾湿は関係ない」と、当然、否定的な意見も何人からか色々と頂きましたが。
実際はどうだったんだろうな、あれは。

個人的にはツギオも反応してるように思うんだけどなぁ…

まあ、何もせんでも毎回安定して何年もポコポコ産んでくれるならいいんですけどね。
実際そうゆう個体もおられるようですし。
うちにはいませんけどね…。


またまた断言はできませんが、
成長途中の個体や、まだ伸びる余地のある個体ではこの時期やこれからの時期は蓄える時期でもあるように思います。

DSC_0012_0.jpg

(ピントがモノサシにいってる…)

なのでそのような個体に寒い時期もしっかりと食べさせることは
持ってるポテンシャルを出来るだけ引き出してあげるためにも大事なポイントだと思います。

DSC_0017_0.jpg

再び暖かくなりスイッチが入った時に冬場の管理も大事にすればトラブルのリスクも減りますし、サイズ的に伸びる個体に至っては勢いも衰えず良い成績が出た個体も幾つかありました。

さて、顔と尻尾だけの上2枚の画像の個体は同一個体ですが、どうなることでしょう。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



秋のハイシーズンにはまだ少し早いですが秋物の魚を狙って釣りに行ってきました。

道に迷いながらね…
201509_hidaka0_0.jpg

サイドミラーに私の腕が写っておりますが(笑)

もはやどこを走ってんのかわからないくらい西へ西へと…
気付けばこちら東ではあまり見られない海の光景が!

頭の中では、だん吉のテーマソング

途中から段々と不安になってきて結局はUターンして昔一度だけ行ったことある地元に割と近い港まで戻ってきました。

不安のせいかこの港に向かう途中はちょっと寂しくなってた…

そしてその頃には、頭の中のメロディはTOKIOの「-遥か-」に変わってた…

201509_urakawa1_0.jpg

5時間以上の無駄な走り…
やっと釣りを始めたけど帰る時間も考えると釣りが出来る時間は2時間程…移動時間の方が長い…

写真には写っておりませんが、ここは漁船の往来がめちゃくちゃ凄くて、しかも一部の船は嫌がらせの如く目の前ギリギリを通過していく。

たまにいるんですよね、曰く付きの漁師が。
地元の港にもいます。

そんなんだから殆ど釣りにならず…

釣りにならない釣りをすること2時間…

201509_urakawa0_0.jpg

遠征までして釣れたのはこれ…

小さなアイナメ2匹と小サバ1匹…

新聞紙の「ピアノ買取」の文字の方がデカくみえる…

これならいつもの地元の海でも釣れる…

普段なら100%リリースですが今回は食べようと。

201509_urakawa2_0.jpg

ショウガと胡麻油と酒と醤油で下味を付け一晩寝かせて唐揚げにしました。
クーラーに凍らせたペットボトルを一杯入れて準備していったので鮮度も殆ど下がっていませんでした。
活きの落ちやすいサバすら生で刺身でもいけちゃうくらい新鮮でした。

美味しかったです!









前回、Nuu Anaを載せると書きましたが、いざ撮ろうとするとなかなか良い発色の時に合わず、お披露目はまだ先になりそうです。








Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

久々の更新



お久しぶりです



【福】の升には貯め込んだエージレスが入ってます(笑)
DSC_0006-.jpg


やってる方も結構いるので使い道はお察し出来るかもしれませんね。



ツギオ達はみんな元気です。

私はサイズへの拘りにあまり執着はない
DSC_0007-.jpg


まあ、真っ直ぐにちゃんと測って36cmちょいだ。

それよりも如何に状態良く飼育されてるか管理されているか仕上がっているかの方が気になる。
生き物を扱う者として生き物への向き合い方の方が絶対的に重要だと思うから。



今期ペアリングの際に負傷した大親分
DSC_0031-.jpg


首元の傷はすっかり治った
でも首の可動域がまだ狭いせいか手足の先まで上手く脱げないようだ。
どうしても爪先に残る。年齢のせいもあるのかもしれないけど。


表情も生き生きと良くなった
DSC_0034-.jpg



このメスはそろそろ繁殖に使えるんじゃないだろうか?
DSC_0037-.jpg



うちの最大個体。やはりYate
DSC_0045-.jpg


最近そわそわ落ち着きないから今日も測らせてくれなかった

体型などのボリューム感も踏まえるとYateのオスが一番見映えするのかなぁと。
(変に太った肥満個体は別として)

でも、個人的には細長い体型の胴長なツギオが好き。



うちでは今は春頃の状態の様に最近またアダルト達の活性が高くなり始めた。
すっかり秋だからかな?色々と丁度良い?



そういえばNuu Anaのメスの色が素晴らしく良い。
春頃も良い色を出してたのを見た。
チャンスがあれば撮ろうと思う。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


少し前、無性にクッキーが食べたくなったのでちゃちゃっと作った
softcookie.jpg


丸いのがプレーン
ボコボコのはバナナ

バターなしで作ったから生地はアッと言う間に練り上げた。
生地の制作時間、両方で10分くらい(笑)



今年も夏野菜のズッキーニを収穫できた

焼いたやつ
Zucchini.jpg


ファルシ
Zucchini_farce.jpg


…を作ってみた。

焼いたやつのケチャップのやつは端っこの1個だけ自然とハートの形になった。



パッションフルーツの花も咲いた
Passionfruit.jpg


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


最近あまり体調が良くない。

来週は火曜日に、今週受けた腎臓の検査の検査結果を聞きに行かなければならない。

大人になってから病院なんて歯医者とギックリ腰で行った整形外科くらいで、
病気で病院にお世話になったのは3年ほど前に1回入院したくらいで全然病気知らずだったのに。

「生きることは老いること」って言うけど出来ることなら老いたくねーなぁ…


それでは、
近々、Nuu Anaの良い色が撮れたら次の更新で載せてみますね。







Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。