3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

うけつけ。



【終了しました】

カレンダーの注文を受け付けます。

発送は11月上旬から11月中旬頃を予定しております。

代金は後払いになります。
商品到着後、中身の確認後に入金ください。
到着後1週間以内にお願い致します。
(入金後の返品・返金・交換には応じられません)

発送はゆうメールで行います。

他、詳細は個別のメールにてお伝え致します。

悪戯は止めてね。
あと、名無しさんには返信致しません。

また、此方からのメールが迷惑メールなどに振り分けされた場合などは御注文者様の御確認次第です。
お願い致します。


こちらブログでご注文頂ける方は必ず連絡先アドレスと名前を明記して【鍵コメ】でお願い致します。
折り返し御連絡致します。


私の連絡先(携帯・PC)を御存じの方は直接御連絡して頂いても構いません。


壁掛け・卓上、どちらが欲しいのかを必ず書いてくださいね。





また既に、御予約を頂いてる方で前記事の確認後に御連絡を頂けた方は、
商品はキープされておりますので制作会社から製品が到着後、此方から連絡致します。



宜しくお願い致します。








以下、過去に私が経験した事例から、幾つか注意事項を書かせて頂きます。


※発送方法が「ゆうメール」だからといって、
本当は届いてるのに届いてないなどと言い代品を要求したり支払いを拒むのはお止めください。

輸送過程で何かあった時は事故調査を行います。
過去に1度だけこれを使う機会がありましたが、調査後、ちゃんと届いてることが判明したことがありました。
実際は届いてるのに届いてないと言って代品を送らせるとか代金を支払わないのは犯罪です。
金額の問題じゃありません。絶対にお止めください。


※お名前や住所を教えて頂くことになりますが、それを拒むのはお止めください。
色々と困ります。
そもそもこれでは発送することが出来ません。
「販売を拒否された」と言われても此方ではどうにもできませんので…
購入意思のある方のみ御連絡下さい。

どちらも少し考えればわかる範囲だと思います。





当記事と、ひとつ前のこの記事を御理解頂いての御注文となりますことを御了承願います。



宜しくお願い致します。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

2015版カレンダーの見本です



カレンダーのサンプルが出来ました。

壁掛け・卓上それぞれの写真ですが今回はどちらも同じにしました。
ですが、ひと月だけ双方違う写真にしてみました(笑)

中身は見たくないって意見もありましたが、
見ないと心配だと思う人の方が圧倒的に多いと思うので今回は全月を公表します。



まずは卓上

向かって左上から1月、右へ2月、左下3月、右下4月
DSCN2175.jpg


同じく向かって左上から5月、右へ6月、左下7月、右下8月
DSCN2198.jpg


向かって左上から9月、右へ10月、左下11月、右下12月
DSCN2214.jpg








続いて壁掛け

月の並び順は卓上と同じ…だったかな…

1月~4月
DSCN2233.jpg


5月~8月
DSCN2255.jpg


9月~12月
DSCN2271.jpg





表紙と暦部分

下段向かって左が卓上で右が壁掛けの暦になります
DSCN2168.jpg


この記事の画像はブログに載せるのに撮った写真なのですが
照明の関係上、卓上の表紙は照明の関係で暗くみえますが壁掛けと同じ明るさです。
また、壁掛けの表紙は反射で白くなってますが実物は輪郭までちゃんと見える印刷になってます。
(表紙は向かって左上)

ヤモリの写真部分の画像も実物はもっとはっきり見える物になっております。
ですが、一部、ピンボケあります…
良し悪しは当記事に載せた画像で判断願います。

撮影に使ったヤモリ達は同じ個体の月が出ないようにしました。
2匹で写ってる月もピンで写ってる月もダブりなく全て違う個体になるようにしてみました。
ただ、秋に撮ったので色揚がりは正直、甘いです。

使用する紙の種類は前回のアート紙からダルアート紙になりました。
サイズは、壁掛けは見開きでA3(収納時はA4)です。
卓上は174mmx98mmです。
どちらもリング綴りになります。

価格は送料など全てコミコミで
◎壁掛け/2,560円
◎卓上/2,170円


支払い方法は銀行振り込みのみになります。
振り込み手数料はご負担願います。

壁掛け・卓上どちらもカレンダーとしては価格が極めて高いです。
内容と質が値段に見合わないと思う方もいると思います。
私の下手に合わせ、これでも価格を抑えたのですが、
極少部数の生産になるので印刷費だけでもそれなりになってしまいます。
御希望者様には御理解頂ければ幸いです。



最後に表紙ですが、
お気づきになられた方もおられるかもしれませんが、
手書きの部分の「Calendar」のスペルを間違えてしまいました…
後ろ3文字の「dar」が「der」になってしまっております。
制作会社の方の御指摘で気付きました(笑)

スペルを直して撮り直すか…それとも敢えてこのままにするか(笑)
撮り直しの場合は卵は写りません。
何か他のモノになると思います。
動かせる卵は今は無いのでベビーになるか…他の小さめの個体になるか…かな。


まだ注文は受け付けておりません
当記事はサンプルと概要の確認の記事になります。

当記事の反応を見て制作部数を決めます。
御注文はもう少しお待ちください。
ブログで告知致します。

また、上記に書きましたが価格が高くなってしまったので、
既に御希望頂いてる方も上記内容を読んで頂き、
サンプル画像や価格など御納得頂けた場合はお手数ですが再度御希望ください。

宜しくお願い致します。




Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

レアモノ



どうも。leachiesです。

ツギオマニアの皆様、
Goro、遂にあがりましたね。

皆様の初見は如何でしたか?
私も色々とリサーチしていたのですが想像と違ってました。

ダークモルフで斑紋は無いか、ほぼ無いに等しいモノを抱いてました。
色味は想像通りでしたが、あんなにも斑紋がサイドに現れるものだったんですね。

背面にしっかりと入る複数(?)のラインと脇腹の明白な斑紋がパッと見の特徴なのでしょうか。
実物を生でみてないのでわからないけど写真を見る限りでは、
部位のパーツ単位での特徴はこれといって差ほどないように思えます。
尻尾も普通ですし鼻っ面や顔つきも普通のように見えます。
若干、顔横に隆起がみられるのかな?くらいでしょうか…

前回記事で書いた私が恋焦がれるツギオ。
発表が間近になって「実はGoroだったらいいな」ってちょびっとだけ期待してました。
だって、もしそうなら、ずっと想い続けてたツギオが手に入る機会が来るんですから。
間もなく開催されるティンリー、俄然頑張っちゃおっかってね(笑)
でも、全然違いましたねぇ(笑)

珍しいものが好きな方にはGoroは堪らないツギオではないでしょうか。
もし、ブリーダーからの提供があるのなら言い値で買う人が出る可能性もアリ?!

私個人的にはまず買う事はないですね。
見るまでは欲しいかもって気になってたけど、見たら欲しい気持ちは消えました(笑)
Mt.Doreなんかも数年前の洋書に載ってたけど、レアなんだろうけど触手が伸びないんだよなぁ。

この辺は人それぞれ好みもありますから。

それでもやっぱりそこはマニアの世界
いざ、実際に手に持ったら痺れるんでしょうね。

素晴らしくレアなツギオですから。

GoroもDoreもアレもいいけど、
やっぱり私はずっと恋焦がれてるあのツギオに写真だけでもいいからもう一度出会いたい。



ここ最近はブログ用の写真は撮ってません
(小)DSCN1804


カレンダーのだけ撮ってる。

だからボツだけは大量にある。

これもそう。
ピンボケしてる。
それ以前にコルクの穴に詰めてる新聞紙がみえてる(笑)


明日から来週半ばくらいまでと、
あと、再来週いっぱいは忙しいかもしれないので
次回の更新は今月下旬にカレンダーの中身の公表と受注の内容になると思います。


皆様、食欲の秋です。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 trackback

ロマン


私が初めてツギオを手にして2年か3年くらいのときでしょうか。

何が正規で何が不正規なのか

自分自身が採集した人から直接入手できるわけではないから真意はわからない。
ブリーダーの殖やした個体を買う立場だからそれを信じるだけ。

あっ。信じてないとか不信感とか決してそう意味じゃないですよ。

だって、そうでしょ?
「自分」が直接手を出してるわけじゃないんだからわかんないじゃんね?

話は色々と聞くし、尋ねれば話してくれる。
それもどこまで鵜呑みにして良いのか…

色々と考えるにつれてそう思った時期がありました。


そんな時、出会った2枚の写真

確かヨーロッパの人の写真だったと思う。
ニューカレドニア現地からなのか飼育者からなのか詳細は一切わかりませんでした。

そこに写っていた個体は細長い体型で全身黒に近い焦げ茶色
そして黄色いスポットが頭から尻尾まで多数現れていました。
幾つかポツポツと…じゃないんです。「多数」なんです。
背面や側面に斑紋は全くない個体と、滲む感じで薄らとあるのが1匹
ペアだったのかどうかもわかりません…

その個体を見たのはそのとき一度きりでした。

あれは何だったのか…
GTなのはわかるのですが…

WCなのか、飼育下で殖やされた個体なのか。
繁殖個体なら特定の産地で殖やされた純産地モノなのか、飼育下で作出された今で言うType Aだったのか。

今となってはもうわからない。

その後はそのような個体をみたことがありません。
もう殖やされてないのかなぁ…

2000年以前かそれ前後からツギオを飼育されていた大先輩の皆様、
もしその様な個体のことを知っている方や何か情報を持ってる方がおられましたら是非教えて欲しいです。

埋まることのない心の飼育スペースは、その個体のために空けられているもの。
そのケースは永遠に空いたままなのかもしれません。



知ってました?ツギオミカドヤモリって動くんですよ。
11DSCN2009.jpg


小せぇー
11DSCN2103.jpg

これでもアダルトです。
何かわかるかな?



ちなみに1枚目の写真の向かって右側の個体
(左足がコルクの後ろに隠れてる子)

この子が過去記事で登場した時に「これはヘンケリーと混じってる」とおっしゃったツギオ好きと思われる鍵コメの方がおられました。
悲し過ぎる(笑)
またこの前見たくゴチャゴチャは面倒だし、相手側にある程度の知識や眼力がないと説明のしようもないので、今年のカレンダーにはもう個体詳細は明記しません。



さてと。夜も遅いですが今から海へ行きます。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

選択肢



先ほど、めちゃくちゃウンコしたくて切羽詰まった状態でトイレに駆け込み、スリッパを履こうとしたら片方がズレて上手く履けなくて、急いで履き直そうとしたらドアの所の壁の角を思い切り蹴ってしまい左足の小指の爪が少し剥がれて強い痛みに悶絶しながら便座に座り、声にもならない息遣いで悶絶しながらも何とかギリッギリで投下を済ましました。済ませました。済ますことが出来ました。…日本語わからん。

小指は少し触れるだけでも爪のとこが痛いので今はホワイトテープでグルグル巻きにしてあります。



カレンダーのことでどうしようか悩んでる事が一つあります。

それは壁掛けと卓上の画像をどちらも同じにするか、それとも別々にするかです。

別々にすると、

壁掛けが欲しいけど卓上で使ってる画像の壁掛けがいい
逆に
卓上が欲しいけど壁掛けで使ってる画像の卓上がいい

という風に思われる方がいるかもしれません。

何よりも、両方を買うほどでもないってなると画像によって欲しいタイプによってはアンバランス。

友達や知り合いに何人かにも聞いてみたけど、みんな「難しいとこだな」って言う。

うーん。

壁掛け・卓上ともに別々の写真を使って作った方がいいのか。
それとも両方を同じ写真で仕上げて壁掛けバージョンと卓上バージョンってな感じで作った方が良いのか。

どっちがいいんでしょうね?

ここを迷ってます。

ボール飼いの知人が半笑いで「どうせ殆ど売れないんだから悩むだけ無駄だよ?」って言った。
大きなお世話だ(笑)

でも、鋭いな。とても的を得た意見だと思う(笑)

気にかけてくれる人が一人でもいるのなら真摯な姿勢で作りたいでしょ。
足の小指の爪が剥がれてカパカパだけどさ。



ところで今使って頂いている(はずの)2014年度版のカレンダーをお持ちの皆様。
みなさんのところは上の部分の両角から丸まってきてますか?
私はトイレで使用してるんだけど夏前頃から湿気のせいなのか紙質のせいなのか丸まってきてます。



今回、この記事に画像がなくて申し訳ない。



【追記】
完全にボツ画像ですが…
DSCN1583_20141002190202fe4.jpg



Category : 総合
Posted by leachies on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。