3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

名無しの人へ


めちゃくちゃ忙しいな。

でも、今日で今週が終わった!!
朝早くから時には深夜通しでと疲れるよなぁ…

さてと、ゆっくり休べ。

…とはいかない。

今度は明日と明後日、学校だ。

ユンケルとQPコーワを飲んで頑張ろう…



約1週間ぶりくらいにPCを開いてリンク様やお気に入りからこれまた久々に訪問。

そして閉ざされたコメ…
なんだこれは。
帰ってきてひっさびさにPC開いてブログにログインしたらゴチャゴチャとまあ。
命と向き合って頑張って疲れた体と精神が更に疲れるわ。



えー、めんどくさいの好きじゃないんで、ブログ止める覚悟で書きます。

素で書くから言葉と態度が悪くなるけどね。

鍵コメさん(複数?)よ。
物申すならHNくらい書いてくれや。
しかもなぜ命令形なんだ?
それと書いてある内容も全くわけわからんわ。

俺がどんなツギオを飼育しようが俺の勝手だ。
そして偽物って何だ?
俺の飼育してる個体達は全てアメリカの2大ブリーダーのものだがそれがどうした?
一部を除いて基本は店頭で売られてるものは買わん。通販も同じだ。
直接オーダーをかける。

偽物扱いしてゴチャゴチャ言ってもいいが、それはある意味ブリーダーの個体を悪く言ってるのと同じだ。
俺に正面切って本気で文句言うなら、まずは個体本位での見る力を付けてからにしといた方がいい。
他人から聞いた言葉じゃなくて自分の言葉で喋れや。
人から聞いた説明文や能書きだけでは俺を打ち負かそうってもまず難しいと思うよ。

俺は誰かからか相談を受ける時も
ブリーダーや販売者などの言葉だけじゃなく自分の経験も重視した内容で話すからさ。

それとヤテもポワンディミエもフンボルトもコギもラベルなんてもうねぇよ。
別に俺には必要ねぇ。
それは買う際に自分自身が確認できればいいことだ。

それともラベルを保管していないなら偽物とでも言ってみるか?
悪い事は言わん。
だったら、あんたのツギオをみる洞察力をもっと鍛えるべきだな。
それと自分なりの入手の仕方を頑張って見出すのも悪くないと思う。

一部の産地モノなんかはブリーダーが限られてるからな。
そこもちゃんと知識を持てば少なくともフンボルトやポワンディミエなんかは偽物を回避できる。

例えば海外でのポワンディミエの販売の数例

Aさんの場合
過去の個体などをみてくると明らかに「あれ?なんか違うな?」とわかるもの

Bさん
最初はPoindimieと販売するが、疑問を提示れてそこで初めて後付けで『koghisとかけてある』などと説明する輩もいる

Cさん
これも過去の販売個体や作出個体をみていくと『あー、これこれ』って明らかにわかったりする


知識だけじゃなく個体も合わせてみていけば尚のことわかるようになるかもしれない。


そもそも他人の悪口ばかり言っていてもしょうないべ?
俺はお前に恨まれるようなこと何かしたか?
そもそも誰だよ、あんた。

うちのはヤテもフンボルトもポワンディミエもコギも
多くのType AもCxAも他もどれも胸張れる素晴らしい個体だ。

ひとりのブリーダーが作るツギオは個々に違う。
けど、そこから買う日本の業者はひとりではない。
実際にブリーダーも何人かの日本人に売っているからな。

そんな本物の個体ですら偽物という奴も中にはいる。
悲しいねぇ。

そう思ってしまう原因は簡単でしょ?
その人に個体をみる目がないからだろ?
違うか?

でも、悪いのはそこじゃないだろ?
そこに便乗してあからさまに関係のない違う物を売る輩が悪いんじゃないのか?
違う物と知っていて売る人や勝手にタイプ名や産地名を付けちゃう人らが。

只でさえ日本じゃ産地やTypeの分類が浸透していないのに、
そんな中、全然違う様な事や間違った事を簡単に流してしまうから混乱させちゃうんじゃないの?

店ばかり責めても埒があかん。
だから客側も知識や見る目が必要って前から言ってるの、俺は。

一生懸命働いて作ったお金だ。
少なくとも俺にとってはツギオを買う金額は大金です。
モノによっちゃ1ヶ月分の生活費以上の額だ。
失敗を繰り返さないためにも自分を磨く事を俺は選んだけどな。

ただ、お前の言い分もわかる。
違いがわからない人とわかる人が実際にいますから。
わからない人にいくら個々の素晴らしさを説明してもピンと来ないだろうからな。
でも、みんな最初はそうじゃないのか?
最初から何でもわかる人はいないと思うけど?

それに、どんな楽しみ方をしようが自由だろ?

ツギオひとつとっても、

カラーに興味を持つ人
斑紋や黄色いスポットなど綺麗さを求める人
大きさを求める人

henkeliが好きな人
GTが好きな人

例え無印の個体でもその1匹を大事に大事に飼育する楽しみ


この生き物ひとつで楽しみ方は色々あると思う。
そうゆうのもひっくるめてツギオミカドヤモリの魅力だと思ってるんだが…

そして、その中に産地やTypeに拘る楽しみ方もある
ただそれだけのことだと思うよ。


パーフェクトとはいかないけど俺はベビーでもモノによっちゃ判別できる。
・・・と言っても、誰も信用してくれないだろうけど。

Koghis(Troger)は顔に大きな特徴があって見慣れれば割と簡単な個体も多い。
・・・と言ったところで、ハッタリ呼ばわりされるんだろうけど。


ところで、お前さん、このブログの開設年からゴチャゴチャ言ってきてる人?
それとも昨年末頃から言ってる人?

俺に「消えろ」とか「邪魔」とかいいからさ、
今後はせめてType AとType Bの分別くらいはできるようになってから喧嘩売って来てね(笑)





あ。私、ひとつ嘘言いました。
全て2大ブリーダーのものじゃなかったです。
ヨーロッパの個体が2匹とカナダのmark orfusのモロが1匹いたんだった(笑)



じゃあね。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 16 comments  0 trackback

Darth Maul



今週はデイトナ便が入って来ますね。
トカゲ・ヤモリ・ヘビ・カメなど種類問わず楽しみにしてる方も多いのではないでしょうか。

ツギオで有名な某ブリーダーも来ていましたね。
ひと際、目を惹いたのは常連のBubba(Yate)もさることながら「Darth Maul」だったでしょうか。

あの個体は素晴らしいですね。
流石って感じの一匹です。

アレは詳細不明とのことですが実際はどうなんでしょうね?
本当に不明個体同士を掛け合わせて作出されたものなのか…
それとも"敢えて"詳細不明と言っているのか…

どちらにしてもとても素晴らしい逸品なのは間違いないですけどね。

私の記憶だと、確か…
「P」から始まる某有名ブリーダーからKoghisとして来た怪しい個体と、
GTのFridel Lineのような表現を強く出してる個体とを掛け合わせたプロジェクトだったような…
違いましたっけ?(汗)

違ってたらごめんなさい。

まあ、あれだ。
仮に上記の通りだったとすると、
正直、どちらの個体も怪しいっちゃ怪しい個体だからな、ある意味。

でも、それらを使ってあんなにも目を惹くツギオを作出するんですから、やはりS氏は凄い腕利きの持ち主ですよね。

当ブログで数日前にピンクなGTを作るって言ったのは、まさにこのDarth Maulを見ての事でした。
あれはやっぱ種親が優れてないと難しいな…。

しかし、それを自分で試行錯誤して挑戦する楽しさを私は知っている(笑)



この画像に意味はない
DSCN0316.jpg

ただの繁殖用衣装ケースだ。
もっぱらメンテの時に使ってるけどね(笑)

個体が写ってる写真もないのでこの写真を載せただけ(笑)
最近はカレンダー用のだけしか撮ってない。



あっ!
ちなみに「Darth Maul」ってのは産地名やType云々ではありません。
『商品名』です(笑)



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

載る予定のもの


『カレンダーにはどんなものが載るのか?』

そう質問があったので、
もしかしたら他の方も同じ御意見があるかもしれないので書いときます。



ヤテ
ポワンディミエ
コギ トロガー
フンボルト
ベヨネーズ
ヌアナ
パイン
タイプ B フリーデル
タイプ A
モロ



壁掛け・卓上合わせてこれらを予定しております。
各々の使う数は各個体の所有数と撮れ高、組み合わせなどによります。
なので、上記ラインナップはあくまでも予定です。

撮れ高次第で変更あります。

宜しくお願い致します。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

$1200



soon...
140811-2.jpg


$1200??
140811-1.jpg

親指の付け根→上顎
指の股→下顎

噛んだわけじゃない。
メンテ中にアタックを受けただけ。

噛まれるのは人間が悪い。
だから私が悪い。
ツギオは何も悪くない。





140811-0.jpg


左右どちらもGTの卵
某産地の卵になります
(Type A)

写真右側カップにある2個のうちの上
これはhenkeliの卵
Bayonnaiseの卵になります


全て同じ日に産んだもの
henkeliの卵はGTに比べ全体的に小さいです
ちなみにこのBayonnaiseの卵は掛かっておりません。


「Isle C」はhenkeliのBayonnaise
「Type C」はGrande Terre
時々、勘違いをされてる方がおりますが混同しないように。
どちらもそれぞれの魅力を持つ素晴らしいツギオです。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 2 comments  0 trackback

思考錯誤



価値のないツギオミカドヤモリはいない。
全てのツギオミカドヤモリに価値がある。

どうも。今夏も小麦色に焼けた者です。





来年度版のカレンダーに黒背景を使うのは止めた

DSCN1786.jpg


写真に一切の編集を施さない私には難し過ぎるから。





台風11号が来ています。
どうか命を奪う様な被害がでませんように。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 1 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。