3L 研究所

ツギオミカドヤモリ専門の隠れ家的なブログです

果てしなく何もない



なんだかカントリーケーキが食べたくなった。

冷凍庫に昨年収穫して軽くシロップ漬けにしたラズベリーが確か少し残ってるはず。

ひとまず先に生地を混ぜた
ぐねった

だがしかし!!ラズベリーが見当たらない。確かに作って冷凍しておいたんだけどな…

仕方ないから誰かの頂き物の半生レーズンを入れた。
この半生レーズンは普通のレーズンほど乾いていない。
何とかって言う大粒のぶどうを乾燥させたものらしいです。

蒸しパン

結局は焼かずに蒸した。ただの蒸しパンだ。
ケーキではない。でも海外じゃこれも立派なケーキ。
このような蒸しパンもカップケーキという。

お腹は満たされたけど欲求は満たされなかった。
ベリーのカントリーケーキが食べたかったんだからな。



先日の配置替えの後も配置換えに関わる管理を少しだけした。

それにしても先週、胃腸風邪をしてからずっと体がだるい。
これを食べながら頑張った。
昼飯

甘くて途中で食べるの嫌になった…



さあ!!過去のベールを脱ぎ棄て新たな自分をお迎えなさい!
DSCN9966.jpg

脱皮不全です。ここ数日の暖かさは乾燥も強くもたらしました。
見事に脱皮不全をさせてしまった…この子には申し訳ないことをした…


この子は最近、私の手に発情する。
DSCN9974.jpg

メンテの時はほぼ毎回求愛してくる。
気が向いたら雌とお見合いさせようかな。



そして、昨日、海へ行ってきました!

めちゃくちゃ風が強かったです。強風を越してもはや暴風でした。

天気はとても良いのに舞った砂埃でかすむ空
20140428122941.jpg

目開けてられんわ!!

海を背に後ろを向けば顔に風が当たらん。
なんだこれ。
20140428123003.jpg

でも海は見えない…



のどか過ぎる風景
20140428163325.jpg

20140428163351.jpg

20140428163423.jpg

20140428163437.jpg

20140428164215.jpg

20140428164226.jpg

はて~し~な~い♪大空と~♪

そんな歌が聞こえてきそうです。


どれも同じような風景だって?
そうです。何もないからずっと同じような光景が続くんです。

だって…見渡す限り、こんな風景しかないから…



今日は洗濯に追われた一日でした。


Category : 総合
Posted by leachies on  | 6 comments  0 trackback

細長系のグランドテラ



暑い!夏が来た!!…でも夜になると結構涼しい。

天気が良くて暖かい日はそれだけで何だか得した気分になります。



こんにちは。

入院するほど体調が悪くても反論だけは欠かさないシタタカな女性研究者と、記者会見にわざわざ髪を短く切ってきたキモイおっさん作曲家の両名が対談してる夢をみて何だかやるせない気持ちいっぱいで目覚めた者です。



ここ数日、まるで初夏のような陽気で気持ちいいですね。
私のヤモリ部屋は今日丸一日かけて今季の暖期配置に移行しました。

ん~、部屋の中が何とも言えない独特のRhacodactylus臭がする…



さて、今日は前回記事に書いた次回予告の内容になります。

早速ですが、ひとつお詫びがあります。
「とても参考になる個体画像」の予定でしたが参考になる画像が撮れませんでした。
2個体並べての写真も撮りたかったけど両個体の性格とサイズの差が問題になり撮れませんでした。
文章も、成長記録を入れようと思ったのですが…

結局はいつもと変わらぬレベルの記事になります。

まあ、あれだ。こんなもんだ。

それでも変わり映えしない写真で予告通りの記事を書いてみます。


【管理次第でサイズが大きく変わるType A】


別に、Type Aに限らずなんですけど、わりと著しく成長のスピードを感じることが出来るType Aにしました。
個体の詳細はここでは述べませんが、うちの2個体をサンプルに登場してもらいます。


まずはこちらの個体
名前は≪ニョロ≫男の子です
DSCN0013.jpg

そして対比の個体
名前は≪FUSSY≫こちらも同じく男の子です
DSCN0044.jpg


この御二方の親は同じです。
ハッチした日もほぼ同じです。
約2年4ヶ月になります。


≪ニョロ≫
DSCN0025.jpg

≪FUSSY≫
DSCN0050.jpg


FUSSYの方は少しクネって写っていますが、ニョロと比べサイズに大きな差があるのが分かると思います。


この衣装ケース
DSCN0069.jpg

スペックはこんな感じ
DSCN0065.jpg



本日、両個体とも頭から尻尾までキッチリ伸ばして長さを計測しました。
≪ニョロ≫は36.2cm
≪FUSSY≫は29.8cm

今回、重さは量っておりません。



ニョロはチビのときから私の元で育成されました。
FUSSYは半分の月日を別の所の管理下にありました。

FUSSYがどのような物を食べ、どれくらいの給餌サイクルで、どのような環境下で管理されていたかはわかりません。
ニョロの方はチビの時からレパシー+ジャイミルで週2-3回のサイクルで毎回欲しがる分だけ食わせました。

個体差も当然あると思いますが、この「個体差」っていう言葉も、あまり都合良く使うと、見えるものも見えなくなってしまう可能性もあるので今日の記事に関しては当てはめません。


私個人的には大きく育てたいならベビーからが良いと人にも薦めます。もちろん自分にも。
その方が大きく育った時も小さく育った時も自己責任で色々と学べるからです。
ベビーからの飼育は学ぶことがとても多いです。



話が逸れました。

で、なんだっけな。言いたいこと忘れちゃった。

とりあえず、大きさを求めるなら、
個人的な見解ですが、ある程度のサイズまで一気に育てた方が後々の管理が楽なので私はある程度までは一気に育てちゃいます。

ベビーで入手して"個体の状態を注意深く観察しながら"ご飯をしっかりと且つバランス良く上手に与えれば期待に応えてくれる個体も多いと思います。

もちろん自分が入手する・入手したい産地やTypeがどのようなものなのか、前もってしっかりと勉強しておくことは大前提で。

henkeliを買って大きくならない大きくならないって幾ら言っても無謀ですからね。
Type Aを買って小さくてぷっくり綺麗な斑紋が入る子に育って欲しいと期待しても無理ですからね。


大きさだけにしぼっていうなら、Type Aに分類される個体は35cmまでなら割と多くの個体が届くんじゃないでしょうか。
私の所では2年-2年半ほどで35cmに届いてるType Aが何匹もおりますから、そんなにも難しい壁ではないと思います。



≪ニョロ≫
DSCN9988.jpg

≪FUSSY≫
DSCN0038.jpg


御二方、今日はどうもありがとう。

ニョロはまだ大きくなるかな?
夢は大きく38cmを目標にニョロと一緒に頑張っていこうと思います。

FUSSYは今秋くらいまでがひとまずのポイントになると思います。
今夏はちょっとピッチを上げて真剣にFUSSYのサイズアップに力を入れてみます。
せめて33cmくらいにはなって欲しいな。


…ってか、FUSSYさん。
○ン○ン大きいですね。

チ○チ○だけは一著前に大きく成長しやがって!!





結局はいつもと同じ感じの内容た。
何も変わらんかった…

夢のせいだな、きっと。




Category : 総合
Posted by leachies on  | 6 comments  0 trackback

ひとりごと



ひとりごとです。


うーん…

隠れ家(自称)的に運営してきた当ブログ。

2月に一時休止し3月の頭に再開しました。

そして今日、めっちゃ久々にアクセス解析をみると
3月に入ってからガクーッと一気にアクセス数が減っており、
今では1日に5人の御訪問があれば多い方です。

殆どの日が2~3人で、1人の日も多々ある…



これはもはや「隠れ家」ではなく「廃墟」に近い。



私は例え毎日が同じ御1人方の御訪問のみでも嬉しい。
人数に関係なく常連様は大切な存在。
ましてや、この様な辺鄙な所へ来て下さるんですから。

だけど、その1つの常連アクセスが巡回ロボならあまり嬉しくない。
結局その日は閲覧者0人ということになる。
さすがにそれはちょっと嫌だ…

そういえば、休止中に訪問者リストの表示が変更されてた。

でもまあ、良し悪し評価するのはご訪問者様です。
それも仕方ないこと。

それに、よく考えてみると、このブログ、
もともと《内容が無いよう》なものだからな ((o゚*゚)・;'.、ブッ


ひとりごとだよっ!!


これからは画像や記事の質と内容を濃くしてみます。
思う所なども濁さずオブラートに包まずスパスパッと辛口でも構わず書きます。
(決して悪意はありません)

ショップ様や販売者様から聞く様々な内容や、
海外の飼育者や掲示板、ブリーダーとは相違することもあると思います。

しかしそこは相違することがあって当然だと思っています。
当ブログでも何度も言ってますが、
人それぞれの飼育環境や飼育状況などに各々のスタイルがあるからです。

例えば何かしらのトラブル。
人それぞれの考え方や飼育環境・個体の状況があるはずだから、
対処する方法やその進行も人それぞれに合わせた解決策があると考えます。

何も、失敗が恥ずかしい事や変なことだとは思いません。
成功者も失敗者も姿勢や目線を同じ高さにすることで
相手のトラブルの原因に出来るだけ早く近付くことが出来るかもしれません。
そうなれば無事に解決へ進んでいくことも多くあると考えます。

私は捻くれ者なので、そっくりそのままな真似事や、誰かの腰巾着では嫌という性格。
そもそもそれでは自分自身が一人のツギオマニアとしての確立にはなりません。

なのでこれからは、自分の経験や言葉で飼育場で起きたことをメインに発信出来たらいいなと思います。


ひとりごとでした…





【次回予告】

≪心機一転、一発目≫
管理次第で変わるサイズのお話し。
うちで管理してるType Aを一例に、とても参考になる個体画像と、ほんの少しだけ参考になる文章で送ります。



DSCN7881.jpg

(上の写真と次回予告は一切関係ありません)



Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback

フェラリアではなくフィラリアです



あっ…

大きい…

舐めていい…?



ペロン
DSCN4954_20140418115926e95.jpg

舐め上手な彼女


タイトルに深い意味はないよっ!



・・・

『 leachiesさんって最低ね 』


そう思われた方がいるかもしれない。
もしそう思ったのなら何故でしょうか?
何かイケナイことでも想像した?

私は子供なのでよくわかりません。








バナナに興味はないようだ
gt-0_1.jpg

ヨーグルト味のゼリー
gt-11.jpg

この棒。お気に入りの棒で全個体に使っている。
ダイソーでレギュラー商品として売っていたものだ。
今はもう売っていない…。
DSCN3355.jpg





おやつ
DSCN3369.jpg

丸型→枝豆のケーキ
パウンド型→自家製ホールトマトのパウンドケーキ
お皿→枝豆ケーキの生地をフライパンで焼いてみた

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



【豚大根レシピ】

◎豚ブロック肉 → 1個
(出来れば豚バラがいい)

◎大根 → 1/2本
(サイズにもよる)


△酒 → 大匙4
△みりん → 大匙4
△醤油 → 大匙5
△砂糖 → 大匙3


□生姜 → 大匙1
(煮込み用)

□生姜 → お好み
(仕上げ用)


◇サラダ油 → 小匙1
◇ゴマ油 → 小匙1


※水 → ひたひた





①:豚肉を大きめに切る

②:大根を大きめに乱切り

③:フライパンにサラダ油を入れ①と②を軽く炒める
(香りがたつくらいでよい)

④:③を炒めたら△の調味料と生姜(煮込み用)を全部入れる

⑤:そこに水をひたひたに入れて蓋をして弱火で15分~25分煮る
(大根の固さにもよる)
(必ずコトコト煮る)
(吹きこぼれ注意)

⑥:大根に7~8割火が通ったところで蓋を開けて強火にして煮詰めていく
(ここから完成まで時間が掛かる)
(時々材料を返しながら)
(焦がさないように)

⑦:8割ほど水分が飛び煮詰まったら生姜(仕上げ用)とゴマ油を入れ更に煮詰めていく

⑧:9割ほど煮詰まったら深めの大きい皿に移して完成
(豚肉の油が出るので幾ら煮詰めても完全に汁気がなくなることはない)


※仕上げで煮詰めるので味は濃い目です
(薄味に仕上げたいときは材料の量と相談して△の量と生姜の量を調整する)

※生姜はチューブのやつで十分です。
SBやハウスなどありますが何でも良いです。
個人的にはハウスが好きです。
SBは独特の風味が強い感じがします。
その辺はお好みで。

※当日食べてもまあ美味しい
※一晩置いたらもっと美味しい

※再加熱の際は必ずレンジでラップしてほどほどにチン
(フライパンや鍋での再加熱やレンジでの加熱のし過ぎは肉が固くなるのでNG)


オリジナルレシピですけど美味しいですよ、これ。

美味しい豚大根は、あります。
レシピなどを書いたノートもちゃんとあります。
もう、50回以上成功してます。








今日は歯医者で歯のクリーニングをしてもらいました。
やはり違うもんですね。
とても綺麗になりました。

あと、KISS YOUという歯ブラシを楽天で買いました。



Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback

まだ春じゃない



ここ暫くでは珍しく連日の更新です。



昨夜から風が凄く強い!!
屋根が飛んでくんじゃないかってくらい強い!
そのせいか寒い…

春だけど新緑や桜はまだ遠そうだ。



脱皮しそう
DSCN7830.jpg



うちのツギオ達、今年はまだ寒冷期仕様のまま。
毎年なら既に寒から暖への配置や管理に変えてる所だけど今年はまだしていない。
寒→暖へ以降の際の個体の調整を今年は試しにもう少し時間をかけてみる。

そのせいか例年(特に昨年)のような雌達が一斉に産み始めるという産卵をしなくなった。
これが偶然や個体の調子の関係とかじゃなければ、
今までよりも上手に通年常温飼育で産ますよう管理するコツが少しわかった気がする。





『そんなこと言ってるとポッコポコ産んじゃうよー』
DSCN9385.jpg





『おーい、ちょっと出してくれーぇ』
オスyate


『向こうにいい女がいるんだよぉ』
オスyate (2)



視線の先にはこのお方
≪いい女≫
DSCN7801.jpg





ウォーキングデッドのシーズン4も残りあと2回
ラストはどうなるんだろう!?
シーズン4は前半ラストが衝撃的だっただけにそれを超える盛り上がりはあるのだろうか…

個人的にシーズン4の前半ラストはシーズン2の最終話と同じくらい好きです。
前半ラストは観終わったあと、ショックだし悔しいし後味悪いしで興奮して眠れなかったのを覚えてる。

シーズン4ラストは主役グループの中の誰かが死ぬのだけは知っている。
ゾンビにやられるのか…それとも人間か…





あっ、前回記事に載せた花が咲いたから

ちょっと春かもな。


Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback

咲いた



私の花壇に花が咲いた

「スノードロップ」ていう花です
DSCN9914.jpg

少し殖えてる!!
6個の玉を埋めて今年は8個くらい咲いた!

よく見ると奥の柵が冬に積もった雪でズレて枯葉が詰まって花が拗れてる…
咲き終わったら手入れするか。



この前作った「鮭のムニエル、ナスのあんかけ」
鮭のムニエル@ナスのあんかけ

ナスが特売だったので多目に買いました。

大きな具のあんかけだから鮭が埋もれて見えない。



十八番です。「豚大根」
豚大根

生姜を多く入れて煮詰めていくから美味しい。
大好き、これ。





で、ピンクマウス
これは私の食べ物じゃありません(笑)
ピンクL-Mice4

このピンクマウスは少し高級品なのかな?


ツギオ持ちして真横や正面から撮ろうとしても顔を背けられることが多い…
DSCN9898.jpg



まだ桜は咲かない。


Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback

「Grande Terre」 東西



ツギオの東西を考える事が時々ある。

何故、ヨーロッパ方面から来るツギオのグランドテラには柄の入るものが多いのか。

アメリカもヨーロッパもヘンケリーは当然だが柄が入り総じて綺麗。
でも、一般的に流通する(Type CやRBは除く)グランドテラは東西で少し違う。

ヨーロッパから来るグランドテラは斑紋が入るものが多い気がする。
(GT x henkeli)の可能性も含めたType Bと呼ばれるものだ。

Friedel LineのGTなどもそう。
ツギオのマニアの方ならネットを散策してるとき、
気になって目に止める事も多いと思いますがFriedelのKoghisもそう。
アメリカで主に生産されてるTrogerとは違い、こちらが主。
(Henkelあたりは色んなのを持ってるようですが…)


そこで色々と自分なりに考えてみました。


例えば熱帯魚。
ドイツブリードのものとか派手目に改良された品種の綺麗なものが多い…気がする。

例えば昆虫。
地味なクワガタやカブトじゃなく、コガネムシやカナブンなど綺麗な昆虫が好まれる…気がする。

ヤモリやトカゲもハムショーで入ってくるやつはカラフルというか色味に個性があるのが多い…気がする。
ビロードヤモリやチビヤモリ、ヒルヤモリなどの種類の綺麗なのが目を惹く事が多いような…


地域的なものなのか国柄なのかはわからないけど、熱帯魚や昆虫も経験して、そう感じた。

だからツギオもヨーロッパ方面では斑紋の入る綺麗な柄物が好まれて殖やされてるのかなぁと強く思いました!!


・・・


まあ、勝手にそう思った。ただそれだけ…。

柄物が好まれてるだけじゃなく単にType Aの総じてが少ないだけかもしれないけどね。



うちの「地肌」が綺麗な子
DSCN8925.jpg

ヘンケリですよ
DSCN8935.jpg

Brosse…?
DSCN8939.jpg

いえ、Pineです。

全くヤル気のない雄。
Moroとかけたいのに役立たず。

ツギオにも好みってあるのかな?
だとしたら、逆に雌の方がこの雄に興味を抱いていないのかも!?

どちらかを変えたらすんなり一夜で合体したりしてね(笑)





ところで、上記でも触れたFriedel LineのGT。
ハムショーなどでアメリカ人が多く持って帰ってると聞いたことがあるのですがあまり目にしないですよね?
…というか、全く目にしない。
噂程度の話なのか…それともこっそり飼育してるのか…

さては数年後に大きく育ったソレをアメリカ基準で扱って表に出すつもりだな!?(笑)

それとも今年発売されるかもしれない有名処3-4名によるツギオ本にでも参考個体として記載されるのかな?





そういえば、最近はこんなのを作ってみたり。

ツギオのバッグ
ツギオカバン

雑貨屋さんとかにもよくあるシンプルなバッグ

夜鍋して作った…


カバーを開けると…
ツギオカバン (2)

中にもツギオ


印刷屋などに頼めば綺麗なオリジナルグッズを作ってくれる所ありますよね。


今年のツギオカレンダーの商品名は『ツギオのヘッポコカレンダー』でした。

このバッグは『使うにはちょっと恥ずかしいツギオカバン』にしようかな。








何度か使ったけどね…

Category : 総合
Posted by leachies on  | 8 comments  0 trackback

あと102匹




素手で持てる時と持てない時がある

DSCN9688.jpg

今回は持てなかった




Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback

初体験




今日、コンビニやスーパーに行ったら何処も値上がりしていました。
エイプリルフールだからでしょうか?



さて、本題です。

今更感がありますが、この度、私、TANITAデビューをしました。
計量器のことです。



前回記事のこれ↓↓↓
DSCN9771.jpg


安かったからTAMITAかと一瞬心配したけど、ちゃんとTANITAでした。


今も使っている、ディスカウント行商で500円で買った無名の計りはジャイミル10匹置いても数字はでなかった。
このTANITAの計りではちゃんと数字がでた。

次に同一個体のツギオをそれぞれに計ってみた。
どちらも数字はでました。そして同じ数字でした。

どういうことだろ…

軽いものを計量だと反応が大雑把か繊細かの違いだろか…

今後も両方を使っていこう。



で、そんな繊細(?)のTANITAの計り。
私の初TANITA…
初めてだから緊張する…

いざ!!

in…

…じゃない、間違えた

on…



あ、飼料としてのマウスが出てきます。
慣れてない方はショックを受けるかもしれません。
苦手な方や不快に思われる方はここでストップ願います。

これより先、以下、一切のクレームは受け付けません。
自己責任・御理解頂ける方のみ「--続きを読む--」からどうぞ。

↓↓↓




Category : 総合
Posted by leachies on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。