3L 研究所

ツギオミカドヤモリと日常や雑記を綴るブログです

お知らせ



※新しい記事はこの記事の下に更新されていきます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

隠れ家や専門ブログの所在について時々聞かれるので一応ここに(リンク)記しておきます

"R.leachianus"専門ブログ
Leachies.CoM

http://lonelumberjack569.blog.fc2.com/

(上記カッコ内のリンクをクリックもしくは上記アドレスをコピペして別窓で開けば行けます)

此方の方でツギオミカドヤモリだけの更新にて綴っております

更新幅は超不定期です
半年くらい更新なしもあるかもしれません

ひっそりと隠れ家的に静かに運営していますが、どうぞお気軽に遊びに来てください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



※新しい記事はこの記事の下に更新されていきます。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 trackback

媚薬



寒い。今年は雪と冬が来るの早いのかな。



ニオイって大事よな
DSC_0042_po0.jpg


色んな意味で。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


カメラの顔検知機能

個人的に使ったことがない

顔のない所どころか全然関係ない場所とかにも反応するようだし使い難そうだ。

それにフォーカスポイントが無数に現れたら色んな意味で大変だ。
それどころかファインダー覗いてる間どんどん現れ続けても大変。
そして写した後、家帰ってPCで閲覧していっぱい顔的なものが写っていたらもっと大変だ。

昔、紙の写真の時代は何度か心霊写真的なものを撮ったことがある。
曰く付きの場所へ撮りに行ったこともある。

でも、今はデジタルの時代。
デジカメになってからは心霊写真的なものを撮ったことがないし撮れたことがない。
その代わりオーブといわれるものが鮮明に写るようになったし紙の写真時代に比べ多くなった

埃や蒸気の一種という説と心霊現象の一つの説がある

どちらにしても面白みが全くない。
たぶん性能の向上で写り難かったものが写りやすくなったんだと思う
オカルトマニアにはオーブはデジタルの恩恵か!?

オーブは別として、紙の写真の時代に顔検知機能が付いたカメラがあればちょっと面白そうだったかも。


写真に限らず動画も近年はみんな似たような作りばかりでウンザリ
偽物感が出すぎている
特に最近のは国内外問わず貞子系の演出ばかり

もう、飽き飽き。

そして多くは不自然なほどのフェイドアウト前後のタイミングでソレが現れる
でもって必ずみんな逃げちゃうかカメラ落とすかカメラを振り回す(笑)

本物とか偽物というより作り物ありきで、怖ければ良しみたいなのが残念。
「呪○のビデオ」なんかはもう、最後まで観るのが苦痛で無理になってしまった(笑)
最初の頃は今よりももっと不気味な映像が多かったと個人的には感じる

最近、心霊系で怖いって思ったことがない
実際に複数の現場にも何ヶ所か何度か足を運んだことあるけど
私の前には出てきてくれた事は何処の現場でも一度もなかったです。

もし本当にいるのなら、
誰か逃げずに逆に向かって行って捕まえるくらいのことをして欲しいな


「恐怖」を感じないと生きるには面白みがない
"怖い"って感覚があるから色々と楽しめて面白いんだと思う。

まあ、だからどうしたって話だけどね。


某オカルト好きさんへ
こんなもんで如何でしょう。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

意思



今からメンテを始めるケースからメンテが終わるまでの一時待機ケースへ自分で移動します
DSC_0022_dd0.jpg


たまに全然違う方へ猛ダッシュするけどね





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

噛まれたらチャンス



下あごの裏側の黒い点々
DSC_0031_m00.jpg



成長と共に濃く、そして多くなってきた

絵や写真とかでもそうなんだが激しい点々やブツブツを見ると引っ掻きたくなる衝動や体が痒くなる衝動

そういったモノの中には時々ゾワゾワすることがある


自分の背中全体に小さなクレーターみたいなボコボコが無数に発生して、
気持ち悪いから思わず力を入れてボリボリと背中を掻きむしった。
手にはボコボコとした感触と何かが爪によって剥がれるような感触が…

鏡を見たら、そのクレーター状になった穴からは大量の血膿が出ていて
掻いた手の爪の間には背中の皮膚の薄皮がミッチリ詰まっていて…

そんな夢を子供の頃にみたことがある。


そして大人になってからは、
一緒に山へ行った同行者が下山後、駐車場で背中が何かおかしいから見てくれと言い出した

服を脱がせてその人の背中を見ると吸血して赤黒く丸く膨らんだ無数のマダニが背中にビッチリくっ付いていた。

私はその場で凍り付いて固まった

そしたらその人は地面に座り込み
「気持ちいい気持ちいい」と言いながら自分のその背中をボリボリと掻き始めた

地面には掻き毟られた無数のマダニの腹部がボロボロとこぼれ落ちる
背中には皮膚に穿孔し取り残された無数の頭部だけが残りそれがウニウニと動いているのだ

そんな夢を20代の頃に見たことがある

今じゃ完全にトラウマだ

数年前にタイかベトナムで大の苦手なマイマイカブリの素揚げや塩炒めを
口いっぱいに詰め込んでバリバリ食べた夢を見た時と同じくらい心理的ダメージがある。

どうなってんだ、俺の脳ミソは。
もしかしたら傷んでるのかもしれないな。



写真のこの下あごはそんな掻くことは絶対にしないけどね。
撫でてあげる。
例え攻撃的なアダルトに成長してもね。

まあ、性悪な性格に育っちゃったら
撫で撫でしたら思いきり噛まれるかもしれないけど

でも、"噛まれたらチャンス"

・・・

でしょ?(笑)

性悪個体をケースから取り出したいときなんかは特に。





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback

もう一人の妹



たまにはこっちのブログにもベビーを載せますか。
DSC_0017_ll1.jpg



秋のお彼岸でしたね
今日26日が彼岸明けになります

先日の土曜日に彼岸参りへ行ってきました
もう一人の妹が眠っているお寺に

最近、うまい棒のサラミ味を袋買いして美味しかったので、
そのうまい棒とスニッカーズを買ってお供えに持っていきました

人生に「もしもあのとき」は時に無意味です
振り返ることで未来へ変われるものがあるのなら「もしもあのとき」は意味を成すかもしれませんが、
多くの過去はそのままそこで「あの時あの場所で」時間が止まってしまいます


あの時、終わるべき者が自分だったらよかったのに…と、今でも強く思います


綺麗事は言いません
希望事も言いません
不公平や理不尽に不平不満も言いません

心の中にあるものは
ただただ
深い罪悪感と後悔だけです





Category : 総合
Posted by leachies on  | 0 comments  0 trackback